「ほっ」と。キャンペーン

バゲット2本

f0104355_1075066.jpg


幼稚園でフランスパンを焼いているママを発見♪
彼女とは年少の頃からよく話していたのに、今まで知らなかったなんて!とびっくりしながらも、話は盛り上がる盛り上がる~。

そんなわけで、めきめきやる気が湧いてきて、久々にバゲット2本焼いてみました♪
リスドォルと、少しのイースト、ほとんど捏ねずで、パンチ3回、オーバーナイトです。
今日は試してみたこと1つ。
下の天板を良く焼いておいて、パンと一緒に上に一枚焼いてない天板を入れました。
これは、うちのオーブンは上火が強いため。
ホイロ不足だったようでかなり荒々しい見た目ですが、ま、OKの範囲内ですか?(自分に甘い・・・?)

今日はお昼から下の子のお友達を呼んで、焼きそばランチ会です。
これから、お料理の仕込みです!
デザートは、最近お気に入りのりんごのパイ。
簡単なのにすごくおいしいので、本当にパーティにうってつけですよ♪
[PR]
# by breadnote | 2010-11-17 10:23 | ぱん

豚スペアリブとブラウンマッシュルームの赤ワイン煮込み ドリップヨーグルト添え

f0104355_21334461.jpg


我が家の定番メニュー、豚スペアリブの赤ワイン煮こみに、たっぷりのブラウンマッシュルームを加え、さらにしっかりめに水切りしたヨーグルトを添えました♪
最近、近くのスーパーで大きさが大小不揃いの訳ありマッシュルームが安く売っていて、見かけると買ってしまいます。

ドリップヨーグルトに使用したヨーグルトは小岩井生乳100%ヨーグルト。
とてもマイルドな味わいでそのまま食べてもおいしいのですが、コーヒーフィルターなどを使ってドリップすると、まるでチーズとサワークリームの中間のような味わいになるんです。
それをこっくりとした煮込みに添えると、マイルドに全体をまとめてくれて、とってもおいしいんです♪

昨日の誕生日パーティのメインは、このお料理と、ベイクドポテトでした♪
圧力鍋で煮込んだ後さらにことこと煮詰めるので、お肉がとろけてナイフいらず。^-^

f0104355_21342177.jpg


それから、昨日の前菜盛り合わせはこんな感じになりましたよ。
昨日紹介したレーズンバターを使ったアミューズに加え、甘エビとトマトとキュウリのタルタルと、ブロッコリーとマッシュルームと洋ナシのサラダも作りました。

f0104355_21343431.jpg


そして!豚スペアリブの赤ワイン煮こみを作った翌日のお楽しみ~。
煮詰まってとろりとシチューのようになって、ごはんにピッタリなんです。
こんなにボリューム満点だけど、ルーを使っていないので意外とさらりと食べられて、おなかにもたれないんですよ。^-^

豚スペアリブとブラウンマッシュルームの赤ワイン煮こみ

【材料】
・たまねぎ 大1個
・にんじん たまねぎの分量の約1/3
・セロリ にんじんと同量
・オリーブオイル 大さじ1
・にんにく 1片
・豚スペアリブ 約700g
・マッシュルーム 1パック
・赤ワイン 2カップ
・荒漉しトマト 1カップ
・水 適宜
・塩こしょう
・はちみつ 大1

・ヨーグルト 1/2パック
・塩

【作り方】
(1) ドリップヨーグルトを作る。ヨーグルトをコーヒーフィルターで数時間ドリップし、しっかりと水切りしておく。塩を加えて混ぜ、味を調える。

(2) ソフリットを作る。たまねぎ、にんじん、セロリをみじん切りにする。圧力鍋にオリーブオイルをいれ、みじん切りにした野菜を炒める。塩をふると早く水分が出て、焦げずに早くしんなりと炒めることができます。

(3) 豚肉に塩コショウをし、熱したフライパンで焼き色をつける。こんがりと焼けたらお肉を圧力鍋に入れる。豚肉からでた油を半分捨てて、スライスしたにんにくとブラウンマッシュルームを炒める。焼けたら、圧力鍋に入れる。フライパンに赤ワインを入れて、旨みをこそげたら、圧力鍋に入れる。

(4) 圧力鍋に荒漉しトマトと、ひたひたまで水を加え、ふたをして煮込み15分圧力をかける。その後、ふたをとってとろみがつくまで、時々混ぜながら煮詰める。はちみつ、塩こしょうで味を調える。(一度冷ますとよりおいしい。)塩味のドリップヨーグルトを添えてどうぞ♪


小岩井乳業さんの人気商品でつくるおうちパーティーレシピコンテスト参加中
[PR]
# by breadnote | 2010-11-13 22:23 | おりょうり

洋ナシとレーズンバターと生ハムのアミューズ

f0104355_190246.jpg


今日は下の子の誕生日♪
ケーキは、本人のリクエストによりサーティワンのアイスケーキなんですよ。
ま、楽なのでいいんですけどね、複雑な気持ちです。^-^;

そんなわけで、今年はお部屋の飾りつけとお料理、がんばります♪

ただいまパパの帰りを待っていて、ディナーはまだ始まっていないので、アミューズを写真にとってブログにアップです~。
早めに作って盛り付けて冷蔵庫で待機させておけるメニューはパーティーには助かりますね。

モニターでもらったレーズンバター、子供達も私も大好物です。
そのまんまパクパクと食べちゃうだけでも十分おいしいのだけど、果物などを合わせたりしてみると、これまた新しいおいしさ発見なのです♪


洋ナシとレーズンバターと生ハムのアミューズ

【材料】
・洋ナシ 
・レーズンバター 
・生ハム 
・ピンクペッパー(なければ荒挽き黒胡椒でも)
・イタリアンパセリ

【作り方】
・皮をむいて芯を取り2mmにスライスした洋ナシを盛り付け、その上に3mmにスライスしたレーズンバターをのせる。あいてるところに生ハムを盛り付け、ピンクペッパーとイタリアンパセリを飾る。



それにしても、パパ、早く帰ってこないかな~。

小岩井乳業さんの人気商品でつくるおうちパーティーレシピコンテスト参加中
[PR]
# by breadnote | 2010-11-12 19:16 | おりょうり

りんごのパイ クリームチーズアイスのせ

f0104355_146436.jpg


スライスしたリンゴをたっぷりのせて焼いたパイに、クリームチーズ入りのバニラアイスをどんと添えました。
簡単だけど、安心できるおいしさです♪

今回クリームチーズに、小岩井ぬるクリームチーズを使いました。冷蔵庫から出したてでもやわらかいので、練らなくていいのがとっても楽ちん♪
味わいもコクがあって濃厚なので、バニラアイスの3分の1程度を混ぜるだけで、ぐっと味わい深いデザートになりますね♪


りんごのパイ クリームチーズアイスのせ

【材料】
・薄力粉 50g
・強力粉 50g
・バター 80g
・塩 ひとつまみ
・冷水 大さじ2~3

・りんご 1個
・カソナード 適宜
・有塩バター 適宜
・シナモンパウダー 適宜

・バニラアイス
・小岩井ぬるクリームチーズ

・粉砂糖


【準備】
・バターを1cm角にカットし、冷蔵庫で冷やしておく。

【作り方】
(1) 練りパイ生地をつくる。粉類と塩をフードプロセッサーに入れて、混ぜるだめてざっと回す。1cm角にカットしたバターを加え、パルス(1~2秒回してはすぐ止める)を数回繰り返し、パラパラのアーモンドプードル状になれば、冷水を加えまた数回パルスする。まだ生地はパラパラでまとまっていないけれど全体にしっとりと水分が行き渡ればOK。

(2) 生地をビニール袋に入れて、手でギュッとおにぎりを握るようにし、ひとかたまりにする。冷蔵庫で2時間ほど休ませてから、台に取り出し手で四角に整えたら、麺棒で15cm×30cmの長方形に伸ばす。3つ折りにする。次は方向を変えて伸ばし、3つ折りにする。また方向を変えて、合計3回三つ折にする。4つに分けて、丸く整えて、冷蔵庫で15分程寝かせる。(この状態できっちりとラップして冷凍できます。)

(3) オーブンを250度に余熱し、天板を焼いておく。りんごの芯をとって薄くスライスする。パイ生地を丸く(直径15cm程度)に伸ばし、その上にりんごをバランスよくのせる。リンゴの上にカソナードをふりかけ、有塩バターを小さくカットしたものを散らす。お好みでシナモンパウダーをふる。

(4) 230度に設定しなおしたオーブンで15分焼いて、こんがりと焼き色がつけばできあがり。焼いている間に、やわらかくしたバニラアイスにぬる小岩井クリームチーズを2:1の割合でざっくりと混ぜて、冷凍庫で冷やし固めておく。焼き上がったパイの上にのせる。茶漉しなどで粉砂糖をふって仕上げる。



小岩井乳業さんの人気商品でつくるおうちパーティーレシピコンテスト参加中
[PR]
# by breadnote | 2010-11-12 14:47 | おかし

ラデュレ風タルト・タタン

f0104355_14422055.jpg

フランスのシャンゼリーゼ通りのラデュレで食べたタルトタタンが、とてもおいしかったんです。
キャラメルがしみこんだリンゴが甘くて香ばしくてシャッキリとしていて、ちょっと酸味のある甘くないフレッシュクリームがよく合うんです。
そんなタルトタタンをイメージして作ってみました♪
まだ試作なんだけど、結構いい感じ。
思い通りの味に近づいてうれしい~♪

コツは、キャラメルをたっぷり使うことと、リンゴはオーブンで焼いて水分を飛ばすこと。

今回はブリゼ生地で作ったのですが、次回はラデュレ風にパイ生地を使ってみよう。

f0104355_14423720.jpg


クリームは先日作った自家製サワークリームを、そのまま何も加えずに添えています。
キャラメルのしみこんだタルトタタンによく合います。

これまでは、あまり甘くないタルトタタンに、バニラアイスを添えていたのだけど、どちらも捨てがたいおいしさですよ☆

覚書
[PR]
# by breadnote | 2010-11-03 15:09 | おかし

生牡蠣の白だしジュレ レモンとサワークリームと黒パン添え

f0104355_13471148.jpg


フランスでは生牡蠣と言えば、レモンとバターと黒パン、そして辛口白ワインがお決まりなのです♪
これが、どうしてこんなに合うのか不思議なくらいおいしくて、もう思い出しただけで、生唾ごっくんものなのです。

そんなフランスの生牡蠣をイメージして作ったこちらの一品。
生牡蠣を白だしのゼリー寄せにし、ハーブを加えたサワークリーム、レモン、そして黒パンを添えました。
これね、もしかして、フランスの生牡蠣を越えたかもしれませんよー♪
出汁の効いたプルプルゼリーとハーブ入りのサワークリームが、ミルキーな生牡蠣に合って絶品です。

新鮮な殻つきの牡蠣があればそれだけでおいしいけれど、パック入りの生牡蠣でも絶品料理にしてしまう、秘密兵器があるんですよ。
それが、ヤマキの割烹白だし
こちらの白だしはうす色仕立てで素材を引き立てる味わいなので、和食のみならず洋食にも使える優れものです。

f0104355_1348851.jpg


作り方は、割烹白だしがあれば本当に簡単で、最初の計量だけで味もばっちり決まりますよ。

f0104355_13483482.jpg


近くのお店に黒パンが売っていないので、手作りしました。
手元に黒パンのレシピがなくて、ライ麦50%で適当に作ったのだけど、しっかりした風味でおいしくできました!よかった~♪

黒パンがなければ、ライ麦入りのハード系パン、カンパーニュで、それもなければバゲットで代用してください。


生牡蠣の白だしジュレ レモンとサワークリームと黒パン添え(4人分)

【材料】
生食用牡蠣 2パック
白だし 50cc
水 350cc
粉ゼラチン 5g
白ワイン 大さじ1

サワークリーム 大さじ4
イタリアンパセリ 適宜
塩 少々

あさつき 少々
荒挽き黒こしょう 少々
レモン
黒パン

【作り方】
(1) 生食用牡蠣を塩水でやさしく洗う。白ワインに粉ゼラチンをふり入れ、ふやかしておく。耐熱ガラスボウルに白だしと水を入れ、レンジで温め、軽く沸騰したらふやかした粉ゼラチン加えて混ぜる。ボウルの底を氷で冷やし、混ぜながら冷ます。とろみがつき始めたら、生牡蠣も加え、冷蔵庫で冷やし固める。

(2) サワークリームにイタリアンパセリのみじん切りと塩を加え、混ぜ、冷蔵庫で冷やしておく。

(3) 器に(1)の生牡蠣とゼリーを盛り付けたら、(2)のサワークリームを1さじのせる。くし切りにしたレモンを添え、小口切りにしたあさつきを散らし、荒挽き黒こしょうをふる。黒パンを添えてどうぞ♪


今回、実はサワークリームも手作りしたんです。
生クリームに1割程度のプレーンヨーグルトを混ぜ、ホームベーカリーの生種おこし機能を使って発酵させました。5~6時間で固まりましたよ。
手作りしたものは、滑らかでやさしい味わいで、買うよりおいしいです♪
市販のものより少しゆるく仕上がるので、用途に合わせて堅くホイップしたり、とろりしたまま使用したりもできるので便利です。


レシピブログの「白だし四天王レシピコンテスト」参加中
[PR]
# by breadnote | 2010-10-30 13:44 | おりょうり

いもくりなんきんブレッド

f0104355_1505626.jpg


いもくりなんきんをたっぷり巻き込んだ秋のパンです♪
かぼちゃは生地にも練りこんでいるので、ほんのりオレンジ色のパンが焼きあがります。

ちなみに、さつまいもは、子供達が今年も実家で掘ってきたものです。^^
じーじ、ばーば、ありがとう!

f0104355_1512287.jpg


パン生地は、ゴールデンヨットとセミドライイースト使用で、たっぷりのフィリングを巻き込んでも、ぐんぐん伸びてくれて頼もしい~!

f0104355_151409.jpg


いもくりなんきんブレッド(貝印のスリムパウンドケーキ型(中)1台分)

【材料】
最強力粉(ゴールデンヨット) 200g
きび砂糖 15g
塩 3g
サフ セミドライイーストゴールド 3g
水 100g
牛乳 40g
無塩バター 15g

さつまいも 50g
かぼちゃ 70g
はちみつ 大さじ半分
栗の渋皮煮 30g(甘栗・甘露煮などでもOK)


【作り方】

(1) さつまいもとかぼちゃを1cmの角切りにしさっと水でぬらし、ルクエに入れ(耐熱容器に入れラップでもOK)、はちみつをまわしかけ、やわらかくなるまでレンジにかける。栗の渋皮煮も1cmの角切りにする。

(2) 強力粉、きび砂糖、塩、イースト、水、牛乳をホームベーカリーのパンケースに入れ捏ねる。5分ほどしたらバターも加え、さらに5分程捏ねる。かぼちゃを半分ほど加え、さらに捏ねる。

(3) 生地が出来上がったら生地を取り出し、手で押して生地を広げ、さつまいもとかぼちゃと栗を混ぜたものを巻き込む。生地が切れてフィリングが出てこないように気をつけながら丸くまとめて、ホームベーカリーに戻しいれ、発酵させる。途中でもう一度やさしく丸めなおし、生地とフィリングを馴染ませる。

(4) 2倍に膨らんで発酵が終了したら、生地を台に取り出し、手でやさしく押さえて型と同じ幅の正方形に伸ばす。手前からクルクルと巻いて、型に入れる。ぬれ布きんをかぶせ、暖かい場所で発酵させる。

(5) 型よりも生地が高くなったら、オーブンを200度に余熱を始める。天板をオーブンに入れて焼いておく。余熱が完了したら、190度で20~25分焼く。こんがりとおいしそうに焼きあがったらすぐに型から取り出し、網の上で冷ます。完全に冷めたら袋に入れて保存しておく。
[PR]
# by breadnote | 2010-10-28 16:25 | ぱん

ジャッキーのクッキーパン

f0104355_10374789.jpg


お誕生日パーティーにお呼ばれして、何か持っていこうと考え、ジャッキーのクッキーをパンにのせて、メロンパンを作ったらかわいいかも♪、とふと思いついて数年ぶりにメロンパンを作ったけれど。。。
忘れてました。メロンパンってひび割れるんでしたね。^-^;

オーブンから出てきたジャッキーを見て、ぎょっ!!!
上の写真のジャッキーよりもっとずっとすごかったんですよ。
ひー、こわい。
でも、ハロウィンパーティならこれでぴったりかも~?!(今回は誕生日だしっ)
不気味なジャッキーパンをもらってくれたYちゃん、ごめんね。^-^;

ホイロをしっかりとって焼いたらどうかなーと、今日リベンジしてみたのが上の写真。
配合や焼き方もちょっとずつ改良を加えてみたけど、うーん、微妙?
おいしいのだけど、菓子パンばっかり食べられないので、もうあきらめます。

気持ちを切り替えましょう。
食べたい作りたいと思いつつ、ずいぶんと遠回りしてしまいましたが、次は、芋栗なんきんブレッド、行きますよー。
[PR]
# by breadnote | 2010-10-26 10:59 | ぱん

かぼちゃクッキー

f0104355_7523844.jpg


やっとかぼちゃのお菓子にたどり着きました。
クッキー生地に栗かぼちゃを練りこんでみました。
かぼちゃが入るだけで、ほっくりした食感になるので、厚みを薄くして、できるだけしっかり焼きこんだほうがおいしいです♪

成型は超が付くほど簡単で、丸型で抜いたクッキーに、お箸の太いほうを使って上下にくぼみをつけ、スプーンで筋を入れただけです。
花型で抜いただけの方には、一つまみのグラニュー糖をふってカリッと焼きあげました。


かぼちゃクッキー(天板2枚分)

【材料】
・バター 100g
・グラニュー糖 100g
・かぼちゃ 50g
・薄力粉 200g
・シナモンパウダー 少々

【作り方】

(1) かぼちゃを3cm角くらいに切って、皮を8割り剥き、ルクエに入れて(耐熱容器にいれてふんわりラップをしてもOK)くしがすっと通るまでレンジにかける。

(2) 常温に戻してやわらかく練ったバターに、グラニュー糖を加え、ハンドミキサーでマヨネーズ状にホイップする。かぼちゃも加え、さらに混ぜ、薄力粉とシナモンパウダーをふるい入れる。スケッパー(ゴムベラでもOK)に持ち替えて、粉っぽさがなくなるまで切り混ぜる。ひとまとめにしラップして冷蔵庫で2時間かせる。

(3) ラップとラップの間に生地を挟んで、麺棒で薄く延ばす。もう一度冷蔵庫で冷やす。型で抜いて、オーブンシートを敷いた天板に並べ、くぼみと筋をつけるて成型する。お好みでグラニュー糖をふる。オーブンが余熱できるまで、天板ごと冷蔵庫で冷やしておく。

(4) 180度のオーブンで20分(焼き色をみて時間を調節する)、底とまわりにこんがりと焼き色がつくまで焼く。オーブンから取出し、天板ごと冷ます。
[PR]
# by breadnote | 2010-10-23 16:58 | おかし

みそ焼きおにぎりの鯛茶漬け

芋栗なんきん・・・の前にもう1つお料理を紹介しますね。

焼きおにぎりを使った鯛茶漬けです。
鯛茶漬けよりもさらに香ばしさが増して、食欲がそそられます。^^

薬味は、今回はみょうがを使いましたが、しそやおねぎもおいしいです。
絶対に欲しいのは、わさびと海苔!

海苔を使うと写真を撮るのが難しいので、迷ったけど、やっぱり味重視でね♪
手際良く写真を取れないので、海苔がよれれ~っとなっちゃってるのは、薄目でカバーしてくださいな。^-^;

f0104355_13105094.jpg


焼きおにぎりの鯛茶漬け(2人分)

【材料】

焼きおにぎり
・ご飯 お茶碗に軽く2膳分
・味噌 小さじ1
・みりん 小さじ1

鯛の漬け
・鯛のお造り 2人分
・しょうゆ 大さじ1
・みりん 大さじ1
・すりゴマ 大さじ1

薬味
・みょうが(しそ・ねぎなど) 適宜
・わさび 適宜
・きざみ海苔 適宜

・玄米茶


(1) 三角おにぎりを2個握る。フライパンで焼いて両面にうっすらと焼き色をつけたら、味噌とみりんを小さじ1ずつ混ぜたものを塗って、両面こんがりと焼き色が付くまで焼く。

(2) 器におしょうゆとみりんとすりゴマを大さじ1ずつ入れ、混ぜ合わせたところに、鯛のお造りを漬け込む。(長く漬け込まない方が断然おいしいです。漬け込んだら数分の内に召し上がってくださいね。)

(3) お茶碗に、みそ焼きおにぎりを入れ、その上に鯛のづけ、刻んだ薬味、わさび、のりなどをお好みでのせて、熱々の玄米茶を注ぐ。鯛の漬け汁を少し加えて、味を調える。
[PR]
# by breadnote | 2010-10-23 13:26 | おりょうり