「ほっ」と。キャンペーン

たらの白子のロワイヤル豆乳仕立て サフランソース

f0104355_1595169.jpg


たらの白子を使って豆乳仕立てのロワイヤル(洋風茶碗蒸し)を作りました♪
魚介にあうサフランを使ったソースをかけて仕上げるのですが、このソースのおかげで茶碗蒸しがフランス料理に大変身しちゃいますよ♪
しかも、このソース、電子レンジで簡単にできるんです。
白身魚のポワレなどにも使える便利なソースです。


たらの白子のロワイヤル サフランソース(4人分)

【材料】
・卵 4個
・豆乳 200ml
・魚のおだし 200ml
・自然塩 小さじ1/3
・たらの白子 1パック

・白ワイン 50ml
《GABAN》サフランホール 少々
・無塩バター 30g
・塩こしょう 適宜

【準備】
・白身魚のあらなどの濃い目の魚のおだしを作る。市販品(ブイヨン・フュメドポワソンの缶詰)でも良い。市販品を使う場合は塩味がついている場合があるので、濃度・塩を加減する。

【作り方】
(1) たらの白子に塩をし、軽くもんで水洗いする。食べやすい大きさに切る。さっと湯引きしておく。
(2) ボウルに卵を入れてほぐし、豆乳、おだしを加え、塩で味付けする。
(3) 耐熱のカップに、たらの白子をいれ、(2)の卵液を漉しながら注ぐ。フライパンに半分くらいまで水を入れ、カップを並べ、ふたをして蒸す。最初強火で、沸騰したら弱火にして2分。火を消して5分蒸らす。
(4) ソースを作る。耐熱容器にサフランと白ワインを入れ、レンジで温める。半分近くまで煮詰まったら、小さくカットした無塩バターを加えて溶かす。塩コショウで味付けする。蒸しあがった(3)にソースをかけて、熱いうちにどうぞ♪



レシピブログのGABANスパイスを使った魚介料理レシピモニター参加中
[PR]
# by breadnote | 2011-01-31 15:33 | おりょうり

フォンダンショコラフロマージュ

f0104355_1594537.jpg


チョコレートを使わないのにチョコ感いっぱいの濃厚なフォンダンショコラができるんですよ♪
ポイントは、タイトルからも分かるようにフロマージュ。
クリームチーズを使うことで、しっとり濃厚な食感が生まれるんです♪
ヘルシーだからとかチョコの代用品として、というわけでなく、とにかくこのケーキがおいしいので、我が家では「フォンダンショコラと言えばこのケーキ!」なのですよ。^-^

焼きたてはトロトロとしてまさにフォンダンショコラ。
冷めると、ぎゅっと濃厚になってまるで生チョコのよう♪
どちらも捨てがたいおいしさですよ♪

おいしそうなチョコレート色にしてくれるココアパウダーは、これがおすすめ。クオカでも売ってますね。


フォンダンショコラフロマージュ

【材料】
クリームチーズ 100g
グラニュー糖 40~50g
卵黄 2個分
無塩バター 30g
牛乳 30g
コニャック 約大1
ココアパウダー 40g
卵白 2個分
グラニュー糖 40g

【準備】
・クリームチーズを室温におく。
・バターを湯煎で溶かし、保温しておく。
・マフィン型にグラシンカップを敷いておく。
・オーブンを160度に予熱しておく。

【作り方】
(1) ボウルにクリームチーズを入れてゴムベラで柔らかく練り、グラニュー糖(40~50g甘さをお好みで調節)を加えて泡だて器でホイップする。卵黄、溶かしバター、牛乳、コニャック、ココアパウダーを順に加え、その都度滑らかになるまでホイップする。

(2) 別のボウルに卵白を入れ、ハンドミキサーの強であわ立てる。ふわふわになってきたら、グラニュー糖40gを3回に分けて加え、しなやかでしっかりとしたメレンゲを作る。

(3) (2)のメレンゲを(1)のボウルに3回に分けて加え、その都度ゴムベラで丁寧に混ぜる。生地をスプーンで型の7~8割まで流しいれ、160度のオーブンで10分焼く。焼きすぎないのがポイント。生焼けでいいのです!^-^(しっかり15分くらい焼くと、とろけないけれど、しっとりと濃厚なチョコケーキになります。)

f0104355_151027.jpg

[PR]
# by breadnote | 2011-01-27 15:18 | おかし

牡蠣のオイル焼き タイムとレモンの香り

f0104355_11444664.jpg


旬の牡蠣をオイル焼きにしてみました。
じっくりとオーブンで焼き上げるので、ふっくらとジューシーに焼き上がります♪
タイムとレモンの香りがさわやかに広がって、ちっともオイリーじゃなっく、むしろさっぱりといただけますよ。
これは、辛口の白ワインと一緒にお召し上がり下さい。^-^
我が家はパパがネットでまとめ買いしたシャブリで、いただきまーす♪



牡蠣のオイル焼き タイムとレモンの香り(約4人分)

【材料】
・牡蠣 3パック
・自然塩 適宜
ギャバン ホワイトペパー 少々
ギャバン タイム 少々
・白ワイン 30cc
・たまねぎ 1/2個
・レモン 1/2個
・ローリエ 適宜
・オリーブオイル 適宜

【作り方】
(1) 牡蠣を洗って、容器に並べ、塩とホワイトペッパーとタイムをふる。(塩はしっかり、タイムは少しでも香りが強いので、1~2ふりでOK。)白ワインを回しかけ、たまねぎのスライス、レモンの輪切り、ローリエを上にのせる。その上からオリーブオイルをまわしかける。(牡蠣がひたひたに漬かるまで。)そのまま、しばらくマリネする。
f0104355_11445744.jpg


(2) 180度に余熱したオーブンで20分間焼く。お皿に盛り付け、少しレモンを絞って召し上がれ~♪



レシピブログのGABANスパイスを使った魚介料理レシピモニター参加中
[PR]
# by breadnote | 2011-01-27 12:04 | おりょうり

いちごのロールケーキ

f0104355_13171875.jpg


この生地は手軽にパパッと作りたいときに使ってるレシピで、卵と砂糖と粉だけのシンプルな配合で、作り方も簡単。
コツは、全卵の泡立て方と、オーブンに備え付けの天板(37×28.5cm)を使うこと、それから巻いてから一晩寝かせることくらいかな。
とにかく手軽に作れるのに、やわらかでふわっと軽い生地ができあがるんです♪

思えば初めて作ったロールケーキがこの生地でした。
以来、かれこれ6年くらい、いろいろな生地を試して、お気に入りの生地がいくつもできましたが、この生地がいつもベースになってるんですね。
このレシピがあるから、いろいろなアレンジをしたときに、仕上がりのイメージができる・・・そんな私の基本となっているレシピです。

基本のロールケーキ生地(37×28.5cmの天板一枚分)

卵(Lサイズ) 4個
グラニュー糖 90g
薄力粉 60g

=準備=
・卵を室温におく。
・型にわら半紙を敷きこむ
・小麦粉を2回ふるう。
・オーブンを180度に余熱する。

(1)卵を大きめのボウルに割りいれ、軽くほぐし、グラニュー糖を加えて、湯煎で温めながらハンドミキサーの強で4~5分あわ立てる。(卵が人肌より少し温かくなれば湯煎を外す。)白っぽくふんわりとしたら、低速で1~2分あわ立てキメを整える。泡だて器ですくって落とした生地で「の」の字が書けたらOK。途中で消えてしまうようならまだ泡立て不足。

(2)あわ立てた卵に小麦粉を加えて、底からすくっては折りたたむようにして、しっかり丁寧に混ぜる。完全に粉が見えなくなってからさらに10回ほど混ぜたら、型に流しいれ、カードやヘラなどを使って四隅に流し表面を平らにする。型の底を数回トントンと叩いて大きな気泡をなくす。

(3)170度に設定しなおしたオーブンで、14分焼く。全体が薄いキツネ色に焼き色が付けばOK。14分以内に焼きあがるように様子を見ながら温度を調節してください。焼きすぎると生地が堅くなります。焼きあがったらすぐに、わら半紙ごと型から外し、網の上でさます。

(4)生地が冷めたら、オーブンシートの上に裏返し、わら半紙をはがします。生地が横長なので、半分にカットして巻くと巻きやすいです。オーブンシートを使って、生クリーム、フルーツなどを巻いたら2時間程冷蔵庫で落ち着かせてからカットします。できれば、ぴっちりとラップして冷蔵庫で一晩寝かせると生地がしっとりとおいしくなります。
[PR]
# by breadnote | 2011-01-11 13:57 | おかし

メリークリスマス

f0104355_14102644.jpg


メリークリスマス!
今日は神戸で少し雪が降りました♪
子供達は大喜びです。

久しぶりに焼いたケーキのスポンジ、高さがしっかりでて、ふんわり軽く焼けました♪
デコレーションは子供達におまかせで、かわいいケーキになりましたよ。

デコレーションに使っているジャッキーのクッキーは、昨日サンタさんへのプレゼント用に子供達が焼いたもの。
サンタさんはプレゼントを置いて、クッキーを持って帰ってくれたようです。^-^
窓にはサンタさんからのメッセージも書いてありましたよ。

今日は家族でプレゼント交換をして、のんびりと過ごしています。
みんなから私へのプレゼント、素敵だったんですよ。
素敵な箱入りの、ラデュレのレシピ本。
この本のレシピでお菓子を作るのが楽しみです!

みなさんも、楽しいクリスマスをお過ごし下さいね。
[PR]
# by breadnote | 2010-12-25 14:24 | おかし

今年のシュトーレン

f0104355_11521684.jpg


やっと、シュトーレンを送り終えました♪
今年のシュトーレンは、一度ちょっと失敗したものの、2度目に焼いたものがとてもおいしくできました!
ポイントは、イーストとホシノのダブル使いで、ふわっと軽めに焼きあがったことかな。
軽いといっても具はいっぱいで、手に持った感じは重くてとてもリッチに仕上がっています。
それから、今年は巨峰のレーズンが手に入ったので、存在感バッチリです♪
オレンジピール、グリーンレーズン、クランベリーも入って、彩りもきれいになりました。
ナッツは、カシューナッツ、アーモンド、くるみの3種類。とっても香ばしいです。

f0104355_11523671.jpg


ナチュラルキッチンで見つけたホーローの大きなバット。
シュトーレン作りに大活躍でした♪

f0104355_11525379.jpg


今年のラッピングはこんな感じ。
同じくナチュラルキッチンのホーローの小さいバットをかご代わりにして、もらった人があとあと使えそうなちょっと実用的なラッピングを心がけました。^-^
喜んでもらえるかな?^-^

覚書
[PR]
# by breadnote | 2010-12-08 12:23 | ぱん

ホームベカーリーで♪ クリスマスのお菓子パンドーロ

f0104355_13255569.jpg


12月ですね!
そろそろシュトーレンを作るための準備として、ホシノの種を起こしました。
その傍らで作ったのがこちら、黄金のパン「パンドーロ」です♪

イタリアでクリスマスのお菓子とえば、パネットーネとこのパンドーロ(黄金のパン)ですよね♪
パネットーネは日本でもクリスマスシーズンになるとあちこちで見かけますが、パンドーロはあまり売られていないのがちょっと残念。
でも、私はどちらかといえばパンドーロの方が好きなんです。
パンとスポンジの中間のような、しっとりとして、口どけのいい生地のシンプルな味わいがおいしいんです。

きちんと作るととても手間ヒマがかかって大変なのですが、かといって簡単に作ったものはパサパサしておいしくない。
それならば、と考えたのがこのレシピ。
おいしさのためのヒマはしっかりかけるけれども、手間の部分はホームベーカリーに任せちゃおうという魂胆です。^-^

2段階に分けて、発酵させたパン生地に、ケーキ生地(ほぼカトルカール)を混ぜるという、一風変わったレシピです。
ケーキ生地を作って混ぜるのが面倒ならば、そのまま混ぜてしまってもおいしくできますが、きちんとクリーミングして作ったケーキ生地を加える方が、口どけが良いのは確かです。

幸い我が家のホームベーカリーは、捏ねと、発酵と、焼きを単独で使うことができるので、こういうパンにはとても便利なんです。
コースメニューしかないホームベーカリーを使ってるかたは、コースの時間をうまくあわせてできるかな??
多くのホームベーカリーは、電源を抜くとコースを中断し、もう一度プラグを差し込むと、続きからスタートしますよ。そして、停止(取消)ボタンを長押しすると、コースを途中終了することができるようです。
f0104355_13263548.jpg


パンドーロは、少しフレーバーがあるとおいしいので、今回はパパの実家でとれたオレンジの皮を摩り下ろして加えました。
レモンでもさわやかです。
バニラビーンズがあればぜひ使ってください♪


ホームベーカリーで作るパンドーロ(1斤)

【材料】
=発酵生地1=
・強力粉 100g
・インスタントドライイースト(赤サフ) 1g
・水 約70g

=発酵生地2=
・強力粉 100g
・インスタントドライイースト(金サフ) 1g
・砂糖 15g
・バター 15g
・卵 60g
・牛乳 15g

=ケーキ生地=
・強力粉 100g
・インスタントドライイースト(金サフ) 1g
・塩 3g

・無塩バター 100g
・砂糖 100g
・卵 100g(卵黄の割合を多くするときれいな黄金色のパンになります)
・あれば無農薬オレンジの皮の摩り下ろし 1個分
・グランマルニエ 小さじ1

=仕上げ=
・粉砂糖 大さじ3

【作り方】

(1)発酵生地1の材料をホームベーカリーに入れて、10分捏ねる。2倍になるまで発酵させる。(約40分)

(2)発酵生地1に、発酵生地2の材料を加えて、10分捏ねる。2倍になるまで発酵させる。(約40分)

(3)ケーキ生地を作る。室温に戻したバターを柔らかく練り、砂糖を加えて、白っぽくなるまでハンドミキサーでホイップする。溶き卵を少しずつ加えながら、マヨネーズ状になるまでホイップする。オレンジの皮の摩り下ろし、グランマルニエ、塩を加えて混ぜる。強力粉とイーストを加えて、ゴムベラで混ぜる。

(4)発酵生地2に、ケーキ生地を3回に分けて加え、その都度ホームベーカリーで捏ねる。(生地が混ざりにくければ、小さなゴムベラなどでちょっと助けてあげても。)生地がなめらかになれば、2倍になるまで発酵させる。(約1時間)低速で混ぜてパンチ。表面にハリがでたら捏ねを止めて、最終発酵。(約1時間半)パンケースの7~8割まで膨らんだら、35分焼く。

(5)焼きあがったら、パンケースから取り出して、網の上で冷ます。冷めたら、粉砂糖と一緒に食パン袋に入れ、袋を振ってパン全体に粉砂糖をまぶしつける。上下を返してお皿に置き、縦にカットしていただきます。

f0104355_132709.jpg


鮮やかな黄金色のクラムは、ふんわりやわらかでしっとり、でもきちんとヒキもあるのがスポンジケーキとは違う、このパンのおしいさのポイントです♪
[PR]
# by breadnote | 2010-12-01 13:32 | ぱん

とり手羽元のセロリ蒸し

f0104355_1343817.jpg



我が家はみんなセロリ好きだけれど、セロリが苦手な人もきっとこれなら大丈夫♪
たっぷりのセロリが食べられますよ。

このお料理のポイントは、セロリのマリネ液にとり手羽元を一晩くらいしっかり漬け込むこと。
中まで塩味とセロリの香りが染み込んだ鶏肉を、あとはジューシーに蒸し焼きにすればできあがり。
マリネ液がそのままおいしいソースになりますよ♪


とり手羽元のセロリ蒸し(4人分)

【材料】
・セロリ 1本
・にんにく 1片
・塩 小さじ1/2
・オリーブオイル 大さじ3
・とり手羽元 8本
・白ワイン 1カップ

【作り方】
(1) セロリ、にんにく、塩、オリーブオイルをスピーディーチョッパーに入れ5回くらいひもを引き、マリネ液を作る。(フードプロセッサーならパルスを数回する。)
f0104355_1351227.jpgf0104355_1353916.jpg


(2) とり手羽元にマリネ液をなじませ、一晩ほどマリネしておく。

(3) 厚手の鍋に(2)をすべて入れて、中火で熱する。鶏肉の表面の色が変わり香りが立ったら、白ワインを加えて、ふたをして15分程蒸し焼きにする。セロリソースがトロリとすればできあがり。盛り付けてセロリの葉とピンクペッパーを飾る。



レシピブログの「スピーディーチョッパー」を使ったレシピコンテスト参加中
[PR]
# by breadnote | 2010-11-28 13:26 | おりょうり

魚のアラのスープ

f0104355_1915370.jpg


新鮮な魚のアラが安く売っていたら、たっぷりブロード(魚のダシ)作って冷凍しておくととっても便利なんです。
こちらのお料理は、そんな作り置きブロードを使った絶品スープ♪
魚の身はないけれど、味わいはブイヤベースそのものですよ。



=魚のブロードの作り方=
【材料】
・鯛のアラなど 約1尾分
・塩 適宜
・野菜くず(にんじんの皮、玉ねぎ、セロリの葉、パセリの軸など) 適宜
・にんにく 1片
・あればフレッシュタイム 3枝程
・ワイン カップ1
・水 

【作り方】
(1) 魚のアラの全体に塩をして、15分くらい置く。流水で塩と血合いなどをきれいに洗う。
(2) 深めのお鍋に、鯛のアラと、野菜くず、皮付きのままつぶしたにんにく、タイムを入れて、ワインを注ぐ。中火にかけて、数分煮詰める。ひたひたまで水を加えて、沸騰したら弱火にして15分煮る。そのままゆっくりと冷まし、さめたら漉して、魚と野菜を取り除く。

=魚のアラのスープ=
【材料】
・オリーブオイル 大さじ2
・にんにく 1片
・アサリ 1パック
・白ワイン 大さじ3
・魚のブロード カップ4
・にんじん 小1本
・玉ねぎ 小1個
・セロリ 1/2本
・じゃがいも 1個
・荒漉しトマト(orカットトマト缶) カップ1
・塩コショウ

(1) 鍋に、オリーブオイルと、みじん切りにしたにんにくを加え、弱火で香りを出す。さいの目に切った野菜を加えて弱めの中火でじっくりと炒める。玉ねぎが透き通って甘みが出たら、アサリと白ワインを加え、ふたをして蒸す。
(2) アサリが開いたら、荒漉しトマトと魚のブロードも加え、10分程煮る。塩こしょうで味を整える。

お好みで、出来上がったスープに卵を落として半熟に煮てもおいしいです。
スープが残ったら、翌日は細めのパスタを加えてスープスパにしたり、リゾットにします。
パスタ(もしくはご飯)を加えて煮、パルメザンチーズをふって仕上げます。
[PR]
# by breadnote | 2010-11-22 19:24 | おりょうり

エビとアボカドと卵のドリップヨーグルトグラタン こんがりチーズのせ

f0104355_172093.jpg


ホワイトソースを使わずに、ドリップヨーグルトと生クリームで作るグラタンです。
あっさり軽くて、いくらでも食べられそう♪
具は、こんがり焼いた香ばしいエビと、とろりと濃厚な完熟アボカドと、ゆで卵。
そしてトッピングの小岩井こんがり焼けるチーズがアクセントになっています。^-^

あとはトースターに入れるだけというところまで、事前に準備しておけるので、このお料理もパーティにピッタリですよ。^-^



エビとアボカドと卵のドリップヨーグルトグラタン こんがりチーズのせ(約4人分)

【材料】
・エビ 大6尾
・たまねぎ 1/2個
・完熟アボカド 1個
・卵 2個
・ドリップヨーグルト(*) 大さじ5
・生クリーム 1カップ
・塩こしょう
・シュレッドチーズ 適宜
・小岩井こんがり焼けるチーズ 適宜

【作り方】
(1) エビは皮を剥き、背ワタをとって、食べやすい大きさに切る。たまねぎは、薄くスライスする。アボカドは、半割りにして種をとり皮を剥き、エビと同じくらいの大きさに切る。卵はゆで卵にし、殻をむいて、スライスしておく。

(2) 鍋に油(分量外)を少し入れて熱し、エビを炒める。エビの表面の色が赤く変わったら、たまねぎを加え、しんなりして透明感がでるまで炒める。アボカドも加え、さっと炒めたら、ドリップヨーグルトと生クリームを加えて弱火で混ぜながら少し煮る。塩コショウで味付けし、卵を加える。

(3) グラタン皿に盛り付け、シュレッドチーズをまんべんなくのせ、さらにその上に小岩井こんがり焼けるチーズをいくつかのせる。(ここまで下準備しておけます。)後は、トースターで5分程焼き、こんがりおいしそうに焼きあがれば、できあがり♪あつあつをどうぞ~。

*ドリップヨーグルトの作り方・・・ヨーグルトをコーヒーフィルターなどを使って数時間水切りします。水分が出なくなったらできあがり。


小岩井乳業さんの人気商品でつくるおうちパーティーレシピコンテスト参加中
[PR]
# by breadnote | 2010-11-17 17:43 | おりょうり