<   2011年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

食べるラー酢 oishii

f0104355_9432413.jpg


食べるラー油じゃ脂っこいし、食べるポン酢じゃ上品すぎる・・・そんなお料理の時に思いついたのがこちら、「食べるラー酢」です♪
作り方はとっても簡単、市販のものばかり使うので、包丁いらず、3分でできちゃいますよ。
冷めてもおいしいけど、今日はできたて熱々の食べるラー酢を餃子にのせていただきました。

f0104355_943335.jpg


ポン酢が入っているので、焼肉や餃子、から揚げなどの脂っこいお料理にもOK。
あっさり系では、冷やっこ、たこしゃぶなどにもおいしいです♪



食べるラー酢

【材料】
・サラダ油 大さじ2
・GABANあらびきガーリック 大さじ1
・ハウスローストオニオン 大さじ1
・白ゴマ 大さじ1
・ハウスラー油 適宜
ポン酢 大さじ3

【作り方】
(1) 小鍋に、サラダ油、あらびきガーリック、ローストオニオン、白ゴマを入れて弱火~中火で焦がさないように温める。
(2) 香ばしい香りがしてきたら火を止めて、ラー油(20回くらいプッシュ)とポン酢を加えてできあがり。



レシピブログのハウススパイスを使ったオリジナル「食べるスパイス」レシピモニター参加中
[PR]
by breadnote | 2011-02-23 10:00 | おりょうり

メレンゲベースのふわふわココアスポンジ

f0104355_9465270.jpg


今日は長女の誕生日♪
朝からパーティ準備に、まずココアスポンジを焼きました。
長女のリクエストは、ココアスポンジと生チョコを使ったチョコ感いっぱいのケーキ。
・・・というわけで、いつもはスポンジと言えばジェノワーズなのですが、今日はクリームとのバランスを考えて甘さ控えめの軽いココアスポンジにしています。
メレンゲベースなので、ジェノワーズよりもちょっと簡単。^-^

上の写真はスポンジを冷ましているところです。
セルクルを使ってスポンジを焼くときには、こうして立てて冷ますのであっという間。
型に紙を敷きこまなくていいのでとっても手軽だし、生地が型に張り付くのでしぼむ比率も少なく、底がないので蒸れずにふんわりと仕上がります。

さてさて、これから買出しに行って、部屋を飾らないと!
がんばりまーす。


メレンゲベースのふわふわココアスポンジ(丸セルクル 15cm 1台分)

【材料】
・卵白 2個分
・卵黄 2個分
・砂糖 50g
・薄力粉 35g
・ココアパウダー 15g(ココアパウダーは、これがおすすめ)
・牛乳 20g

【準備】
・小麦粉とココアをあわせてふるう。
・オーブンを170度に余熱。
・天板にオーブンシートを敷いて、その上にセルクルを乗せておく。(ケーキ型を使う場合はオーブンペーパーを敷きこんでおく。)
・牛乳を40度くらいに温める。

【作り方】
(1) メレンゲを作る。卵白をハンドミキサーであわ立てる。角が立ち始めたら、砂糖を加え、つややかでしっかりとしたメレンゲにする。

(2) メレンゲに卵黄を加え、泡だて器で混ぜる。小麦粉とココアをふるい入れ、ゴムべらで底から生地をすくっては折りたたむように返して混ぜる。だいたい粉が見えなくなったら、牛乳のボウルに生地をひとすくい加え、ぐるぐると混ぜる。今度はそれをあわ立てた卵の方に加え、ゴムベラで底から丁寧に混ぜる。

(3) 型に流しいれ、天板の底をトントンとたたいて気泡を抜き、170度で25~30分。ふんわりふくらんでから、かすかに焼き沈みするまでしっかり焼く。オーブンから出して、底のシートをはがし、型を立てて冷ます。(ケーキ型を使用の場合は、立てずに冷ます)冷めたら型と生地の間にナイフを入れて外し、袋に入れて半日~一晩寝かせる。
[PR]
by breadnote | 2011-02-21 10:06 | おかし

ふんわり軽めのジェノワーズ

f0104355_1216563.jpg


今年のパパのバースディケーキは、こんな感じになりました。
子供達がかわいくデコレーションしてくれました。^-^
ナッペは私ですが、相変わらず苦手。ナッペや絞りってやっぱり習わないとダメかな?

f0104355_1217456.jpg


さてさて、パパ好みのふんわりジェノワーズのレシピです。


ふんわり軽めのスポンジケーキ(15cmのセルクル型 1台分)

【材料】
・卵 合計150g(全卵2個と卵黄1個)
・砂糖 80g
・薄力粉 80g
・生クリーム 40g

【準備】
・小麦粉はふるう。
・オーブンを160度に余熱。
・天板にオーブンシートを敷いて、その上にセルクルを乗せておく。
・生クリームを40度くらいに保温しておく。

【作り方】
(1) 卵と砂糖を深めのボウルに入れて、湯煎であたためながら、ハンドミキサーであわ立てる。卵が40度くらいになればOK。あたためすぎに注意。ツヤが出て、すくった卵を落としたときに高く積もってしばらくキープするくらいになるまで。最後は低速でキメを整える。

(2) 粉をふるい入れ、ゴムべらで、生地を底からすくっては折りたたむように返して混ぜる。だいたい粉が見えなくなったら、生クリームのボウルにひとすくい加え、ぐるぐると混ぜる。今度はそれをあわ立てた卵の方に加え、ゴムベラで底から丁寧に混ぜていく。

(3) 型に流しいれ、天板の底をトントンとたたいて気泡を抜き、160度で約35分。真ん中あたりを軽く押してみて弾力があれば焼き上がり。オーブンから出して、底のシートをはがし、型を立てて冷ます。冷めたら、型と生地の間にナイフをくるりと入れてはずす。ラップに包んで一晩寝かせたら、しっとりとして、さらにおいしくなります。

*デコレーションする際は、スライスして両面にシロップを打ちます。
[PR]
by breadnote | 2011-02-14 12:30 | おかし

ジャッキーのふんわりショコラ

f0104355_1541654.jpg


明日はバレンタインデーですね♪
我が家では、年々贈るお菓子の数が増えて大変ですが、今日は朝から賑やかに女子3人でお菓子作りです。
ことしのお菓子は、ジャッキーのふんわりショコラ。
去年の上の子の誕生日に、ジャッキーのガトーショコラを作ったのだけど、あれとそっくりでしょ。^-^;
でも、今回はガトーショコラとスポンジの中間くらいの、ふんわり軽く焼き上げたショコラ生地に、ガナッシュを挟んで仕上げました。
チョコ好きさんには濃厚なガトーショコラがおすすめですが、こちらのふんわりショコラはきっとだれにでも喜ばれるかなー、と期待しています。^-^ みんな気に入ってくれるといいな。
このショコラ生地、ロールケーキにしてもおいしいかも。
こんど巻いてみよっと。^-^

f0104355_15412298.jpg


天板2枚分をいっぺんに焼き上げました!
部屋中チョコの香り~♪

さてさて、これからパパのお誕生日のケーキを作らなくっちゃ。
ジェノワーズは昨日のうちに焼いたので、デコレーションをするだけですが、ジャッキーのふんわりショコラでちょっと力つきぎみ・・・

ところで、今回のジェノワーズも、ちょっといい感じに焼けたんです。
パパはふんわり軽めの生地が好みなので、いつも作ってるジェノワーズよりも砂糖と粉を控えてみたら、ちょうどパパ好みな感じに焼きあがりました。
このレシピ、ふんわり高さが出やすくて、失敗しにくいかも。^-^
だれにでも作りやすいレシピだと思います♪
また後日紹介しますね。

それではみなさん、明日は素敵なバレンタインデーをお過ごし下さいね♪
[PR]
by breadnote | 2011-02-13 15:56 | おかし