<   2010年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

とり手羽元のセロリ蒸し

f0104355_1343817.jpg



我が家はみんなセロリ好きだけれど、セロリが苦手な人もきっとこれなら大丈夫♪
たっぷりのセロリが食べられますよ。

このお料理のポイントは、セロリのマリネ液にとり手羽元を一晩くらいしっかり漬け込むこと。
中まで塩味とセロリの香りが染み込んだ鶏肉を、あとはジューシーに蒸し焼きにすればできあがり。
マリネ液がそのままおいしいソースになりますよ♪


とり手羽元のセロリ蒸し(4人分)

【材料】
・セロリ 1本
・にんにく 1片
・塩 小さじ1/2
・オリーブオイル 大さじ3
・とり手羽元 8本
・白ワイン 1カップ

【作り方】
(1) セロリ、にんにく、塩、オリーブオイルをスピーディーチョッパーに入れ5回くらいひもを引き、マリネ液を作る。(フードプロセッサーならパルスを数回する。)
f0104355_1351227.jpgf0104355_1353916.jpg


(2) とり手羽元にマリネ液をなじませ、一晩ほどマリネしておく。

(3) 厚手の鍋に(2)をすべて入れて、中火で熱する。鶏肉の表面の色が変わり香りが立ったら、白ワインを加えて、ふたをして15分程蒸し焼きにする。セロリソースがトロリとすればできあがり。盛り付けてセロリの葉とピンクペッパーを飾る。



レシピブログの「スピーディーチョッパー」を使ったレシピコンテスト参加中
[PR]
by breadnote | 2010-11-28 13:26 | おりょうり

魚のアラのスープ

f0104355_1915370.jpg


新鮮な魚のアラが安く売っていたら、たっぷりブロード(魚のダシ)作って冷凍しておくととっても便利なんです。
こちらのお料理は、そんな作り置きブロードを使った絶品スープ♪
魚の身はないけれど、味わいはブイヤベースそのものですよ。



=魚のブロードの作り方=
【材料】
・鯛のアラなど 約1尾分
・塩 適宜
・野菜くず(にんじんの皮、玉ねぎ、セロリの葉、パセリの軸など) 適宜
・にんにく 1片
・あればフレッシュタイム 3枝程
・ワイン カップ1
・水 

【作り方】
(1) 魚のアラの全体に塩をして、15分くらい置く。流水で塩と血合いなどをきれいに洗う。
(2) 深めのお鍋に、鯛のアラと、野菜くず、皮付きのままつぶしたにんにく、タイムを入れて、ワインを注ぐ。中火にかけて、数分煮詰める。ひたひたまで水を加えて、沸騰したら弱火にして15分煮る。そのままゆっくりと冷まし、さめたら漉して、魚と野菜を取り除く。

=魚のアラのスープ=
【材料】
・オリーブオイル 大さじ2
・にんにく 1片
・アサリ 1パック
・白ワイン 大さじ3
・魚のブロード カップ4
・にんじん 小1本
・玉ねぎ 小1個
・セロリ 1/2本
・じゃがいも 1個
・荒漉しトマト(orカットトマト缶) カップ1
・塩コショウ

(1) 鍋に、オリーブオイルと、みじん切りにしたにんにくを加え、弱火で香りを出す。さいの目に切った野菜を加えて弱めの中火でじっくりと炒める。玉ねぎが透き通って甘みが出たら、アサリと白ワインを加え、ふたをして蒸す。
(2) アサリが開いたら、荒漉しトマトと魚のブロードも加え、10分程煮る。塩こしょうで味を整える。

お好みで、出来上がったスープに卵を落として半熟に煮てもおいしいです。
スープが残ったら、翌日は細めのパスタを加えてスープスパにしたり、リゾットにします。
パスタ(もしくはご飯)を加えて煮、パルメザンチーズをふって仕上げます。
[PR]
by breadnote | 2010-11-22 19:24 | おりょうり

エビとアボカドと卵のドリップヨーグルトグラタン こんがりチーズのせ

f0104355_172093.jpg


ホワイトソースを使わずに、ドリップヨーグルトと生クリームで作るグラタンです。
あっさり軽くて、いくらでも食べられそう♪
具は、こんがり焼いた香ばしいエビと、とろりと濃厚な完熟アボカドと、ゆで卵。
そしてトッピングの小岩井こんがり焼けるチーズがアクセントになっています。^-^

あとはトースターに入れるだけというところまで、事前に準備しておけるので、このお料理もパーティにピッタリですよ。^-^



エビとアボカドと卵のドリップヨーグルトグラタン こんがりチーズのせ(約4人分)

【材料】
・エビ 大6尾
・たまねぎ 1/2個
・完熟アボカド 1個
・卵 2個
・ドリップヨーグルト(*) 大さじ5
・生クリーム 1カップ
・塩こしょう
・シュレッドチーズ 適宜
・小岩井こんがり焼けるチーズ 適宜

【作り方】
(1) エビは皮を剥き、背ワタをとって、食べやすい大きさに切る。たまねぎは、薄くスライスする。アボカドは、半割りにして種をとり皮を剥き、エビと同じくらいの大きさに切る。卵はゆで卵にし、殻をむいて、スライスしておく。

(2) 鍋に油(分量外)を少し入れて熱し、エビを炒める。エビの表面の色が赤く変わったら、たまねぎを加え、しんなりして透明感がでるまで炒める。アボカドも加え、さっと炒めたら、ドリップヨーグルトと生クリームを加えて弱火で混ぜながら少し煮る。塩コショウで味付けし、卵を加える。

(3) グラタン皿に盛り付け、シュレッドチーズをまんべんなくのせ、さらにその上に小岩井こんがり焼けるチーズをいくつかのせる。(ここまで下準備しておけます。)後は、トースターで5分程焼き、こんがりおいしそうに焼きあがれば、できあがり♪あつあつをどうぞ~。

*ドリップヨーグルトの作り方・・・ヨーグルトをコーヒーフィルターなどを使って数時間水切りします。水分が出なくなったらできあがり。


小岩井乳業さんの人気商品でつくるおうちパーティーレシピコンテスト参加中
[PR]
by breadnote | 2010-11-17 17:43 | おりょうり

バゲット2本

f0104355_1075066.jpg


幼稚園でフランスパンを焼いているママを発見♪
彼女とは年少の頃からよく話していたのに、今まで知らなかったなんて!とびっくりしながらも、話は盛り上がる盛り上がる~。

そんなわけで、めきめきやる気が湧いてきて、久々にバゲット2本焼いてみました♪
リスドォルと、少しのイースト、ほとんど捏ねずで、パンチ3回、オーバーナイトです。
今日は試してみたこと1つ。
下の天板を良く焼いておいて、パンと一緒に上に一枚焼いてない天板を入れました。
これは、うちのオーブンは上火が強いため。
ホイロ不足だったようでかなり荒々しい見た目ですが、ま、OKの範囲内ですか?(自分に甘い・・・?)

今日はお昼から下の子のお友達を呼んで、焼きそばランチ会です。
これから、お料理の仕込みです!
デザートは、最近お気に入りのりんごのパイ。
簡単なのにすごくおいしいので、本当にパーティにうってつけですよ♪
[PR]
by breadnote | 2010-11-17 10:23 | ぱん

豚スペアリブとブラウンマッシュルームの赤ワイン煮込み ドリップヨーグルト添え

f0104355_21334461.jpg


我が家の定番メニュー、豚スペアリブの赤ワイン煮こみに、たっぷりのブラウンマッシュルームを加え、さらにしっかりめに水切りしたヨーグルトを添えました♪
最近、近くのスーパーで大きさが大小不揃いの訳ありマッシュルームが安く売っていて、見かけると買ってしまいます。

ドリップヨーグルトに使用したヨーグルトは小岩井生乳100%ヨーグルト。
とてもマイルドな味わいでそのまま食べてもおいしいのですが、コーヒーフィルターなどを使ってドリップすると、まるでチーズとサワークリームの中間のような味わいになるんです。
それをこっくりとした煮込みに添えると、マイルドに全体をまとめてくれて、とってもおいしいんです♪

昨日の誕生日パーティのメインは、このお料理と、ベイクドポテトでした♪
圧力鍋で煮込んだ後さらにことこと煮詰めるので、お肉がとろけてナイフいらず。^-^

f0104355_21342177.jpg


それから、昨日の前菜盛り合わせはこんな感じになりましたよ。
昨日紹介したレーズンバターを使ったアミューズに加え、甘エビとトマトとキュウリのタルタルと、ブロッコリーとマッシュルームと洋ナシのサラダも作りました。

f0104355_21343431.jpg


そして!豚スペアリブの赤ワイン煮こみを作った翌日のお楽しみ~。
煮詰まってとろりとシチューのようになって、ごはんにピッタリなんです。
こんなにボリューム満点だけど、ルーを使っていないので意外とさらりと食べられて、おなかにもたれないんですよ。^-^

豚スペアリブとブラウンマッシュルームの赤ワイン煮こみ

【材料】
・たまねぎ 大1個
・にんじん たまねぎの分量の約1/3
・セロリ にんじんと同量
・オリーブオイル 大さじ1
・にんにく 1片
・豚スペアリブ 約700g
・マッシュルーム 1パック
・赤ワイン 2カップ
・荒漉しトマト 1カップ
・水 適宜
・塩こしょう
・はちみつ 大1

・ヨーグルト 1/2パック
・塩

【作り方】
(1) ドリップヨーグルトを作る。ヨーグルトをコーヒーフィルターで数時間ドリップし、しっかりと水切りしておく。塩を加えて混ぜ、味を調える。

(2) ソフリットを作る。たまねぎ、にんじん、セロリをみじん切りにする。圧力鍋にオリーブオイルをいれ、みじん切りにした野菜を炒める。塩をふると早く水分が出て、焦げずに早くしんなりと炒めることができます。

(3) 豚肉に塩コショウをし、熱したフライパンで焼き色をつける。こんがりと焼けたらお肉を圧力鍋に入れる。豚肉からでた油を半分捨てて、スライスしたにんにくとブラウンマッシュルームを炒める。焼けたら、圧力鍋に入れる。フライパンに赤ワインを入れて、旨みをこそげたら、圧力鍋に入れる。

(4) 圧力鍋に荒漉しトマトと、ひたひたまで水を加え、ふたをして煮込み15分圧力をかける。その後、ふたをとってとろみがつくまで、時々混ぜながら煮詰める。はちみつ、塩こしょうで味を調える。(一度冷ますとよりおいしい。)塩味のドリップヨーグルトを添えてどうぞ♪


小岩井乳業さんの人気商品でつくるおうちパーティーレシピコンテスト参加中
[PR]
by breadnote | 2010-11-13 22:23 | おりょうり

洋ナシとレーズンバターと生ハムのアミューズ

f0104355_190246.jpg


今日は下の子の誕生日♪
ケーキは、本人のリクエストによりサーティワンのアイスケーキなんですよ。
ま、楽なのでいいんですけどね、複雑な気持ちです。^-^;

そんなわけで、今年はお部屋の飾りつけとお料理、がんばります♪

ただいまパパの帰りを待っていて、ディナーはまだ始まっていないので、アミューズを写真にとってブログにアップです~。
早めに作って盛り付けて冷蔵庫で待機させておけるメニューはパーティーには助かりますね。

モニターでもらったレーズンバター、子供達も私も大好物です。
そのまんまパクパクと食べちゃうだけでも十分おいしいのだけど、果物などを合わせたりしてみると、これまた新しいおいしさ発見なのです♪


洋ナシとレーズンバターと生ハムのアミューズ

【材料】
・洋ナシ 
・レーズンバター 
・生ハム 
・ピンクペッパー(なければ荒挽き黒胡椒でも)
・イタリアンパセリ

【作り方】
・皮をむいて芯を取り2mmにスライスした洋ナシを盛り付け、その上に3mmにスライスしたレーズンバターをのせる。あいてるところに生ハムを盛り付け、ピンクペッパーとイタリアンパセリを飾る。



それにしても、パパ、早く帰ってこないかな~。

小岩井乳業さんの人気商品でつくるおうちパーティーレシピコンテスト参加中
[PR]
by breadnote | 2010-11-12 19:16 | おりょうり

りんごのパイ クリームチーズアイスのせ

f0104355_146436.jpg


スライスしたリンゴをたっぷりのせて焼いたパイに、クリームチーズ入りのバニラアイスをどんと添えました。
簡単だけど、安心できるおいしさです♪

今回クリームチーズに、小岩井ぬるクリームチーズを使いました。冷蔵庫から出したてでもやわらかいので、練らなくていいのがとっても楽ちん♪
味わいもコクがあって濃厚なので、バニラアイスの3分の1程度を混ぜるだけで、ぐっと味わい深いデザートになりますね♪


りんごのパイ クリームチーズアイスのせ

【材料】
・薄力粉 50g
・強力粉 50g
・バター 80g
・塩 ひとつまみ
・冷水 大さじ2~3

・りんご 1個
・カソナード 適宜
・有塩バター 適宜
・シナモンパウダー 適宜

・バニラアイス
・小岩井ぬるクリームチーズ

・粉砂糖


【準備】
・バターを1cm角にカットし、冷蔵庫で冷やしておく。

【作り方】
(1) 練りパイ生地をつくる。粉類と塩をフードプロセッサーに入れて、混ぜるだめてざっと回す。1cm角にカットしたバターを加え、パルス(1~2秒回してはすぐ止める)を数回繰り返し、パラパラのアーモンドプードル状になれば、冷水を加えまた数回パルスする。まだ生地はパラパラでまとまっていないけれど全体にしっとりと水分が行き渡ればOK。

(2) 生地をビニール袋に入れて、手でギュッとおにぎりを握るようにし、ひとかたまりにする。冷蔵庫で2時間ほど休ませてから、台に取り出し手で四角に整えたら、麺棒で15cm×30cmの長方形に伸ばす。3つ折りにする。次は方向を変えて伸ばし、3つ折りにする。また方向を変えて、合計3回三つ折にする。4つに分けて、丸く整えて、冷蔵庫で15分程寝かせる。(この状態できっちりとラップして冷凍できます。)

(3) オーブンを250度に余熱し、天板を焼いておく。りんごの芯をとって薄くスライスする。パイ生地を丸く(直径15cm程度)に伸ばし、その上にりんごをバランスよくのせる。リンゴの上にカソナードをふりかけ、有塩バターを小さくカットしたものを散らす。お好みでシナモンパウダーをふる。

(4) 230度に設定しなおしたオーブンで15分焼いて、こんがりと焼き色がつけばできあがり。焼いている間に、やわらかくしたバニラアイスにぬる小岩井クリームチーズを2:1の割合でざっくりと混ぜて、冷凍庫で冷やし固めておく。焼き上がったパイの上にのせる。茶漉しなどで粉砂糖をふって仕上げる。



小岩井乳業さんの人気商品でつくるおうちパーティーレシピコンテスト参加中
[PR]
by breadnote | 2010-11-12 14:47 | おかし

ラデュレ風タルト・タタン

f0104355_14422055.jpg

フランスのシャンゼリーゼ通りのラデュレで食べたタルトタタンが、とてもおいしかったんです。
キャラメルがしみこんだリンゴが甘くて香ばしくてシャッキリとしていて、ちょっと酸味のある甘くないフレッシュクリームがよく合うんです。
そんなタルトタタンをイメージして作ってみました♪
まだ試作なんだけど、結構いい感じ。
思い通りの味に近づいてうれしい~♪

コツは、キャラメルをたっぷり使うことと、リンゴはオーブンで焼いて水分を飛ばすこと。

今回はブリゼ生地で作ったのですが、次回はラデュレ風にパイ生地を使ってみよう。

f0104355_14423720.jpg


クリームは先日作った自家製サワークリームを、そのまま何も加えずに添えています。
キャラメルのしみこんだタルトタタンによく合います。

これまでは、あまり甘くないタルトタタンに、バニラアイスを添えていたのだけど、どちらも捨てがたいおいしさですよ☆

覚書
[PR]
by breadnote | 2010-11-03 15:09 | おかし