カテゴリ:おかし( 45 )

洋梨のチョコレートクラフティ

f0104355_1535748.jpg


お友達にいただいた岩手産の洋梨をシロップ煮にして、チョコレートクラフティのタルトに入れてみました♪
実は私、「クラフティにはカラメル」というポイントにちょっとしたこだわりがあるのです。
クラフティってプリンのようなやさしい生地。
それだけだと、ぼんやりした味わいになりがちなのが、ほろ苦いカラメルがプラスされると、味にメリハリがついて、ぐんとデザート感がアップすると思うんです。

が、今回はタルトなのでカラメルはムリ。。。
そこで、焼きあがった所に粉砂糖をたっぷりとふりかけ、グリルで焼いてカラメリーゼをすることにしました。
そしたらね!ちょっとカラメルが薄いけど、ブリュレのような感じでとってもおいしい!
やっぱりクラフティには、トロトロカラメルでもパリパリカラメルでも、どちらもぴったりです♪

バターたっぷりのサクサクのタルト、まったりチョコクラフティー、程よく歯ごたえの残った洋梨はほんのり赤ワインの香り、そしてパリパリと薄いカラメル。。。。なかなか良いバランスに我ながら満足満足♪

それにしても、今住んでるマンションのグリルの火力が強いので、アーっと言う間に、粉砂糖がカラメリーゼされて、見ていて面白かったー。
これまでは、スプーンを焼いてカラメリーゼしていたのですが、これからはグリルで簡単にできちゃうことが発見できてうれしい♪
とはいえ、バーナーを買おう買おう。。。。と思っているのに、私にはどうも縁遠いみたいですね。^-^;

覚書
[PR]
by breadnote | 2009-10-21 15:27 | おかし

ふんわりもっちり、豆乳シフォン

f0104355_19101396.jpg


水分を豆乳100%で作ったシフォン。
いつもよりきめ細かい生地に焼きあがりました。
ふんわりもっちりの食感に、やさしい味わいです♪
生クリームなしでそのまま食べるなら、もう少ししっとり感があってもいいかな?

f0104355_191341.jpg


子供たちが待ちきれず、ちょっと食べちゃったので(^-^;)、カットした後の写真でごめんなさい。


ところで話は変わりますが、私、やっと耳管開放症が治ったみたいなんです。
数日前に左だけが治って、それだけでもずいぶん楽になって喜んでいたんです。
昨日は朝から、いそいそとシフォンケーキを焼いて、それからフランスパンも焼いて、ベランダを掃除したり、お布団を整頓したり、今日は体調が良いのかいつになくよく体が動くなぁ。。。と不思議に思っていたら、あらら?耳が治ってるじゃないですか!

もともと耳は弱くて、耳鳴りや、多少の聞こえの悪さはあったのだけど、その上耳管開放症になってからというもの、ますます聞こえにくいし、不快だし、体調まで悪くなるしで、ちょっと鬱気味で引きこもりな毎日だったのです。
お医者さんに行ってもこれといった治療法もないというし、もう治らないかもとほとんど諦めていただけに、うれしくて、うれしくて♪

励まして下さったり、心配して下さった皆さんに、こうして良い報告ができて本当に幸せです。
ありがとうございました!
みんなの励ましや気遣いに、どれだけ心があたたかくなったことか。。。

耳管開放症になってからは、針治療や、漢方治療、足湯、マッサージ、できることはいろいろと手を尽くしました。
それでもダメで精神的にもしんどかった時、がんばるのをやめて、がんばれないことを気にするのをやめて、ただただぼーっとしていたのが良かったのかな。。。
そのために、家族や周りの人達には迷惑をかけたけれど、みんなが理解してくれて本当に助かりました。
本当にありがとうね。
これからは、すっかりがんばらない癖がついたのを、リハビリしていかなくっちゃね。^-^;
[PR]
by breadnote | 2009-10-14 19:53 | おかし

カステラの生クリームトースト

f0104355_15171483.jpg


食べごろを過ぎて硬くなってしまったカステラが、極上のおやつに大変身!
作り方もとーっても簡単なので、お休みの日の朝ごはんに子供達にお願いして作ってもらっちゃうこともできるくらいです。^-^

今から、一行で作り方書いちゃいますよ。

カステラに生クリームをたっぷりと浸み込ませ、バターをひいたフライパンでこんがり焼く!はい、これだけ♪

でもね、お客様に食べてもらったら皆大絶賛♪
たっぷり浸み込ませた生クリームの効果で、焼き色のついたところはサックサク、中はふーんわりしっとりなんです。
「作り方を教えて~」と言われて、はたして暴露しちゃって良いものかどうか迷ったくらいです。^-^;
いやー、近所で売ってるカステラの切り落としに、生クリームを浸み込ませて焼いただけよって。。。アハハ

あんまりにも簡単すぎて申し分けないから、せめてちょっとフルーツやクリームなど添えておしゃれにしたいところなんですが、でもでも、このまま食べるのが一番おいしいので、ぐぐっとこらえて(?)シンプルにおもてなしするのがベストかと思いまーす♪

そして、さらに、大人向けのもっとおいしい作り方を教えちゃいますよー。
生クリームと一緒に洋酒を浸み込ませるんです。
アマレットとかグランマニエとかブランデーなど好きなものでOKです。
量もお好みで。お酒の香りが好きな人は生クリームの量を減らしてたっぷりと浸み込ませてくださいな~♪

耳の調子ですが。。。
[PR]
by breadnote | 2009-09-15 15:54 | おかし

子供たちが作ってくれた、チョコレートムース♪ oishii

f0104355_208251.jpg


ガナッシュにメレンゲを加えて冷やし固めるだけの、簡単!でもふんわり滑らかな口どけの濃厚なチョコレートムースです。
卵黄を加えるレシピが多いみたいだけど、冷凍卵白がたくさんたまっていたときに、ためしに卵黄なしで作ってみたら、これが濃厚なチョコ味でおいしかったんです♪
作り方も簡単でシンプルなので、子供たちにもできちゃいます。
。。。というわけで、先週、暑くて外にも遊びに行けず、暇を持て余した子供たちが作ってくれました。

ポイントは、製菓用のビターチョコレートで作ること。これを、スィートチョコで作ると甘すぎておいしくないんですよ。(はい、経験済みです。^-^;)
お好みで、ふんわりと泡立てた生クリームや、ベリーなどを添えてどうぞ~♪


チョコムース(約6人分)

クーベルチュールビターチョコレート 100g
生クリーム 50g
冷凍卵白 2個分
砂糖 20g

=準備=
かたまりのチョコは刻んでおく。
冷凍卵白は、しゃりしゃりの半解凍に。

① 小鍋に生クリームを入れて中火で温める。沸騰したらすぐに火を止める。チョコレートを入れたボウルに生クリームを加えて滑らかになるまでよく混ぜる。もしもチョコが溶け残ったら、湯煎であたためる。
② 別のボウルに卵白と砂糖を入れて、ハンドミキサーの強で一気に泡立てる。角が立つくらいになったら低速でキメを整える。
③ ②のメレンゲを、3回に分けてチョコレートのボウルに加える。そのつどゴムベラで混ぜる。器に流しいれ、冷蔵庫で冷やし固める。
[PR]
by breadnote | 2009-08-24 20:28 | おかし

桃とタピオカのデザート

f0104355_219223.jpg


今日は暑かったですねー。
今朝ようやく、梅干の土用干しをはじめました。3日3晩、雨が降らないでいてくれるよう、祈るばかりです。
梅干作りは今のところ順調なのですが、なにせ梅干作りはこれが初めてなもので、ベランダで干していても気になって気になって。。。
しょっちゅう梅の上下を返したり、日のよくあたる場所に移動させたりと、なんだか忙しない土用干し第一日目でした。^-^;


さて、上の写真ですが、今日のような暑い日にはぴったりのデザート、タピオカデザートです!
週末にお義母さんから、中までピンク色のかわいらしい桃をいただいたので、タピオカデザートにあわせてみたら、見た目もキュートで、甘いココナッツミルクに桃がさわやかさを添えてぴったりでした♪タピオカもパステルカラーなんですよー。^-^

ちなみに、今日は、タイ料理づくしの夕食でした。
桃と一緒に、自家製の夏野菜もたーくさん頂いたので、さっそくタイカレーに投入しました!オクラ、しし唐、ナスを使って、鶏肉で出汁をとりました。あと冷蔵庫の中の残り野菜やきのこも投入!簡単なのに、とってもおいしくできました♪ おいしいお野菜、ありがとう~!

それから、ナンプラー風味の牛肉とキュウリのサラダも作りました。
これも簡単で、細めの短冊に切った焼肉用の牛肉に、にんにく、ナンプラーと黒こしょうで下味をつけたものを、強火でサッと焼いて、細長い半月切りにしたキュウリと和えるだけの簡単サラダ。焼肉をして、少しだけお肉が残っちゃった時なんかにお勧めで、少しのお肉でも、キュウリでボリュームを出して、立派な一品にしちゃうのです。あれば香菜をたっぷり添えたら、ますますアジアンテイストになりますよ♪
子供たちには焼肉のたれをちょっとかけてあげるとモリモリ食べてくれます。^-^

暑い夏の日のカレーはさらっとしたスープカレーがおいしいですね!煮込み時間も短くて、夏野菜がたっぷりとれるし。トムヤムクンのペーストとココナッツミルクがあれば、とりあえずはそれらしい味に決まってくれるのも楽チンなのです♪
でも、カレーに使うココナッツミルクって少しなので、残ったココナッツミルクの消費に、タピオカデザートがセットでくっついてくる、というわけ。それでも、まだ缶の半分くらい残ってるので、明日はシャーベットかアイスクリームでも作ろうかと思っています♪

明日も暑くなりますように!
[PR]
by breadnote | 2009-08-03 21:29 | おかし

ホワイトチョコのロールケーキ

f0104355_961627.jpg


ブラックベリーに合うかな~と思って、ブラウンシュガーを加えた生地でホワイトチョコのガナッシュを巻き込んだロールケーキを作ってみました。すっぱいブラックベリーに、コクがあっていつもより甘めのロールケーキがちょうど良い具合でしたよ。写真はないんですけどね。

ちなみに、この写真は作った翌々日に、ちょっとだけ残ってたものを写真に撮った(^-^;)ので、ちょっと生地もひしゃげちゃってますね。ごめんなさーい。
こんな写真で、ブログに載せようかどうしようか迷ったんですけどね、このロールケーキで、一つだけ発見したことがあったんですよ。

わかるかな?生地の焼き色を両面取ってるんです♪
私はこんがりとした焼き色があるのも好きなんですけど、どうやって両面取るのかなぁ~って思っていたんです。それが、意外と簡単にできたんですよ♪

天板に2枚重ねで敷き紙を敷きこみ、生地を焼き上げます。焼きあがったらすぐに天板から取り出し、立ち上がり部分の紙をはがし、下の紙を引き抜いて、上にかぶせます。2枚の紙で生地をはさんだ状態で、天地を返して冷まします。そうすることで、両方の紙に生地が張り付いて、焼き色が取れるというわけです♪
ま、ここまでしなくてもいいのですが、生地に張り付いた焼き色をペロンとはがして食べるのが、うちの子は好きなんですよね。ロールケーキよりもこちらの方がすきかも、というくらい喜ぶんです。^-^;

だけど、せっかく両面焼き色を取って色白に仕上げたロールケーキが、ブラウンシュガーで色づいていてはもったいない感じですね。ブラウンシュガーだと生地もしっとりとしてしまうので、これはグラニュー糖で、ふんわり白っぽく焼けばよかったかなと、ちょっと反省。

それにしても、ロールケーキはなかなか上達しませんねー。^-^;
[PR]
by breadnote | 2009-07-30 09:34 | おかし

サマーベリータルト

f0104355_11184115.jpg


いつものタルトです。でもさすがに、こう毎日暑くては濃厚なチョコレートタルトを食べる気にもなれない。。。というわけで、名前からしてさわやかに「サマーベリータルト」を作ってみました♪

実家の庭では、例年どおり、大量のブラックベリーが収穫の時期を迎えていて、すぐにでも飛んでいって摘み立てを食べたいところなのですが、例のあのインフルエンザの流行による1週間の休校のために、小学校や幼稚園の夏休みも1週間遅れるんですよ。がーん。

それでも、ベリーが食べたい。。。
しかたがないので、買ってきてしまいました。冷凍のフランボワーズとグロゼイユに、かろうじてブルーベリーだけは生のもの♪その3種のベリーを、ゆるめに仕上げたブルーベリーのコンポートで和えて甘みをプラスしました。サワークリームと生クリームを混ぜて、カソナードで甘みを加えたクリームを詰めたタルトに、たっぷりとベリーをのせてできあがり。
もう、気分からしてブラックベリーの甘酸っぱさを求めているので、おいしいったらありませんね♪

そういえば、タルト台をジェノワーズに置き換えた、サマーベリーショートケーキもおいしいんですよ。サマーベリーショートケーキの場合は、もっとゆるめのベリーソースをたっぷりと作って、たらーりとケーキにかけながら食べるんです。ソースがジュワッと浸み込んだジェノワーズが、これまた最高なんですよ!

かれこれもう10数年前なんですけどね、同じような感じのベリーベリーショートケーキというものに感動したことがあったんです。肥後橋で働いていたころだから、その周辺か梅田あたりのお店だったと思うのだけど、どうしても名前が思い出せないんです。英国風の素敵なティールームで、たしか雑貨も売っていて、サンドイッチなどのランチもあったんです。。。そのお店が今もあるのかどうかは、もちろん分かりません。

とにかく、その店のベリーベリーショートケーキに感動した私は、どうしてもそれを母にも食べさせたくて!
ゆるい生クリームやたっぷりのソースを添えて食べるそのケーキは、本当は持ち帰りはできないものだったのですが、無理を言って願いしたのです。親切にも、クリームやソースは別な容器に入れてくださって。「絶対に今日中に食べてもらってくださいね。」と念を押して持たせてくれたのでした。そして、帰りの電車の中、ゆれてケーキが崩れたりしないように大切に大切に持ち帰ったんだっけ。。。

今、ふと、そういう出来事を思い出したのですが、母は覚えているかな?
[PR]
by breadnote | 2009-07-16 11:39 | おかし

薄焼きサブレ

f0104355_19452770.jpg


タルトは薄くうすーく生地を伸ばしたほうがおいしいということを発見して以来、ますますタルトにはまっていますが、作るお菓子は相変わらず同じ、チョコタルトばかり。^-^; なので写真には撮っていないのですが、その味の違いは、最初の頃に作っていたチョコタルトよりもとてもおいしくなってきて、ずいぶんと上達したと思います。同じお菓子を作り続けるって、とてもいい練習になりますね。

ところで、うすーく伸ばしたタルト台の残った部分で作る、この薄焼きサブレが子供たちには好評で、今日はこの薄焼きサブレを作るために生地を伸ばしてみました。これね、ザクザクというよりはもうちょっと繊細な食感なんです。小さめの型で抜いて、パクリと一口で食べられるサイズが、この薄焼きサブレにはぴったり♪

このサブレに、ゴルゴンゾーラドルチェサンタンドレなどを載せてはちみつを少したらして食べるのも、おいしいんですよ~♪もちろん、先日のケーキのように黒こしょうやタイムでさらにバージョンアップしても素敵♪塩系スイーツにはどうもはまり切れなかった私も、このチーズとお菓子の甘辛コンビにはすっかり虜になってしまいました。

サンタンドレは、バターのようにコクのある白カビのチーズなのですが、とーってもおいしいので、うちの子たちはほおっておくと、カマンベールのようにパクパクとあっという間に食べてしまうので要注意なのです!「少しだけだよ!」と釘をさしてカブリのクリスピーシンに載せたりして普段は大切に食べています。^-^
[PR]
by breadnote | 2009-06-23 20:15 | おかし

タイムと黒こしょうの香りのブルーチーズのタルト オリーブオイルをかけて・・♪

f0104355_16251982.jpg


しばらくぶりです。元気にしていましたが、カメラが修理中でした。やっと帰ってきたカメラだけど、カメラの不在の間にすっかり興味が外へ外へと向かっていたようで、なかなかいつものペースに戻れずにいました。

そんな間に、足繁く通っていたフレンチのお店Brasserie L'ardoiseのランチで食べたブルーチーズのタルトが、衝撃的で忘れられず、翌日またパパと二人でディナーにも行ってみたのだけど、シェフお勧めのディナーコースのデザートはチョイスできず、アボガドのアイスだったのが少し残念。。。しかし、そんな不満も吹っ飛んでしまうくらいのプレートの数々!

このお店のすばらしいのは、アミューズも前菜もスープもメインもデザート(もしくはチーズ)も、すべておいしくて凝っていて満足できるという点。1500円程のランチでさえも、前菜からしっかりと堪能できるものがでるので、「えっと、これはまさかメインではないですよね?」なんて気持ちにさせてくれるのです。私が気に入ったランチの前菜は、「ズッキーニの花に瞬間燻製にしたサーモンのムースを詰めたフライ」。ね!おいしそうでしょ。

ちなみに、ディナーではアミューズの後に温かい前菜として出た「フォアグラのロワイヤル マデラ酒のソース」が絶品でした。ロワイヤルというのは洋風な茶碗蒸しという感じ。とろりと滑らかでコクがあって・・・♪
もちろんメインもすべて感動的ではあったのだけど、ピカイチはやっぱりこれかな!前菜に対する固定概念を良い意味で毎回裏切ってくれるんです。

さてさて、写真のデザートですが、ピーカンナッツとクランベリーのタルトの上に、はちみつで甘みをつけたレアチーズムースをのせて、たっぷりの黒こしょうとタイムとゴルゴンゾーラドルチェを添えたものに、オリーブオイルをたっぷりとかけていただく、という一皿です。どんな味かイメージできないでしょう?アハハ^-^

レストランでは、クリームチーズの中に、ブロック状のゴルゴンゾーラドルチェがすでに混ぜてあったのですが、子供が嫌がりそうなので、横に添えることにしました。

このケーキ、オリーブオイルをかけずに、まずは一口そのまま食べてみると、辛くて甘くて、ピリリとして、タイムのさわやかな香りがするという、バラバラな印象の味。それがたっぷりのオリーブオイルをかけていただくと全体がまろやかにまとまって、なんとも言えずおいしいんですよ。

よくよく考えてみると、ブルーチーズのような塩のきいた癖のあるチーズには、レーズンとかはちみつとかが好相性ですものね。それに、チーズにはハーブや胡椒やオリーブオイルが合うし、だから、このケーキも決して不思議な取り合わせではないのです。

それにしても、いきなり家で、それも朝から、このケーキを出されたパパの反応は、かなり腰が引けて、疑り深い目をしておりました。^-^;「ま、一口でいいから食べてよ。」そういってはげしく薦めてほとんど無理に食べさせたのですが、「おいしい。」そう言って、結局最後まで全部食べてくれたのですよ。やったー!

ラルドワーズは超がつくぐらいお勧めのレストランなので、ぜひ行ってみてほしいけれど、それでもたぶんこのケーキを注文する人は少ないと思うんですよ。だって、ほかのデザートもすばらしく惹かれるものばかりだし。でもね、色々と試してどれもおいしかったけれど、私は断然これが一押しですよ!ぜひぜひ、おためしあれ♪

ちなみに、もしも行かれるならば、予約をしたほうが確実ですよ。ランチでも2時間近くかかってゆっくりと進められるので、満席の場合待っても待ってもありつけません。
毎日メニューが変わるので、私もまた行かなくっちゃ♪
[PR]
by breadnote | 2009-06-15 16:10 | おかし

タルトレットですよ!

苦手なものを克服したら、大好物になった。。。ということは、これまでに何度も経験しているけれど、タルトは食べるのも作るのも苦手なもののひとつだっただけに、それらの苦手をいきなり両方いっぺんに克服してしまったものだから、それはもう大好物を通り越して私の中で一番です!ダントツ!断然トップ!

f0104355_1851629.jpg


こんなにおいしいものを教えてくれて、ありがとう!

友達のおかげです。。。
[PR]
by breadnote | 2009-05-21 18:53 | おかし