カテゴリ:おかし( 45 )

りんごのパイ クリームチーズアイスのせ

f0104355_146436.jpg


スライスしたリンゴをたっぷりのせて焼いたパイに、クリームチーズ入りのバニラアイスをどんと添えました。
簡単だけど、安心できるおいしさです♪

今回クリームチーズに、小岩井ぬるクリームチーズを使いました。冷蔵庫から出したてでもやわらかいので、練らなくていいのがとっても楽ちん♪
味わいもコクがあって濃厚なので、バニラアイスの3分の1程度を混ぜるだけで、ぐっと味わい深いデザートになりますね♪


りんごのパイ クリームチーズアイスのせ

【材料】
・薄力粉 50g
・強力粉 50g
・バター 80g
・塩 ひとつまみ
・冷水 大さじ2~3

・りんご 1個
・カソナード 適宜
・有塩バター 適宜
・シナモンパウダー 適宜

・バニラアイス
・小岩井ぬるクリームチーズ

・粉砂糖


【準備】
・バターを1cm角にカットし、冷蔵庫で冷やしておく。

【作り方】
(1) 練りパイ生地をつくる。粉類と塩をフードプロセッサーに入れて、混ぜるだめてざっと回す。1cm角にカットしたバターを加え、パルス(1~2秒回してはすぐ止める)を数回繰り返し、パラパラのアーモンドプードル状になれば、冷水を加えまた数回パルスする。まだ生地はパラパラでまとまっていないけれど全体にしっとりと水分が行き渡ればOK。

(2) 生地をビニール袋に入れて、手でギュッとおにぎりを握るようにし、ひとかたまりにする。冷蔵庫で2時間ほど休ませてから、台に取り出し手で四角に整えたら、麺棒で15cm×30cmの長方形に伸ばす。3つ折りにする。次は方向を変えて伸ばし、3つ折りにする。また方向を変えて、合計3回三つ折にする。4つに分けて、丸く整えて、冷蔵庫で15分程寝かせる。(この状態できっちりとラップして冷凍できます。)

(3) オーブンを250度に余熱し、天板を焼いておく。りんごの芯をとって薄くスライスする。パイ生地を丸く(直径15cm程度)に伸ばし、その上にりんごをバランスよくのせる。リンゴの上にカソナードをふりかけ、有塩バターを小さくカットしたものを散らす。お好みでシナモンパウダーをふる。

(4) 230度に設定しなおしたオーブンで15分焼いて、こんがりと焼き色がつけばできあがり。焼いている間に、やわらかくしたバニラアイスにぬる小岩井クリームチーズを2:1の割合でざっくりと混ぜて、冷凍庫で冷やし固めておく。焼き上がったパイの上にのせる。茶漉しなどで粉砂糖をふって仕上げる。



小岩井乳業さんの人気商品でつくるおうちパーティーレシピコンテスト参加中
[PR]
by breadnote | 2010-11-12 14:47 | おかし

ラデュレ風タルト・タタン

f0104355_14422055.jpg

フランスのシャンゼリーゼ通りのラデュレで食べたタルトタタンが、とてもおいしかったんです。
キャラメルがしみこんだリンゴが甘くて香ばしくてシャッキリとしていて、ちょっと酸味のある甘くないフレッシュクリームがよく合うんです。
そんなタルトタタンをイメージして作ってみました♪
まだ試作なんだけど、結構いい感じ。
思い通りの味に近づいてうれしい~♪

コツは、キャラメルをたっぷり使うことと、リンゴはオーブンで焼いて水分を飛ばすこと。

今回はブリゼ生地で作ったのですが、次回はラデュレ風にパイ生地を使ってみよう。

f0104355_14423720.jpg


クリームは先日作った自家製サワークリームを、そのまま何も加えずに添えています。
キャラメルのしみこんだタルトタタンによく合います。

これまでは、あまり甘くないタルトタタンに、バニラアイスを添えていたのだけど、どちらも捨てがたいおいしさですよ☆

覚書
[PR]
by breadnote | 2010-11-03 15:09 | おかし

かぼちゃクッキー

f0104355_7523844.jpg


やっとかぼちゃのお菓子にたどり着きました。
クッキー生地に栗かぼちゃを練りこんでみました。
かぼちゃが入るだけで、ほっくりした食感になるので、厚みを薄くして、できるだけしっかり焼きこんだほうがおいしいです♪

成型は超が付くほど簡単で、丸型で抜いたクッキーに、お箸の太いほうを使って上下にくぼみをつけ、スプーンで筋を入れただけです。
花型で抜いただけの方には、一つまみのグラニュー糖をふってカリッと焼きあげました。


かぼちゃクッキー(天板2枚分)

【材料】
・バター 100g
・グラニュー糖 100g
・かぼちゃ 50g
・薄力粉 200g
・シナモンパウダー 少々

【作り方】

(1) かぼちゃを3cm角くらいに切って、皮を8割り剥き、ルクエに入れて(耐熱容器にいれてふんわりラップをしてもOK)くしがすっと通るまでレンジにかける。

(2) 常温に戻してやわらかく練ったバターに、グラニュー糖を加え、ハンドミキサーでマヨネーズ状にホイップする。かぼちゃも加え、さらに混ぜ、薄力粉とシナモンパウダーをふるい入れる。スケッパー(ゴムベラでもOK)に持ち替えて、粉っぽさがなくなるまで切り混ぜる。ひとまとめにしラップして冷蔵庫で2時間かせる。

(3) ラップとラップの間に生地を挟んで、麺棒で薄く延ばす。もう一度冷蔵庫で冷やす。型で抜いて、オーブンシートを敷いた天板に並べ、くぼみと筋をつけるて成型する。お好みでグラニュー糖をふる。オーブンが余熱できるまで、天板ごと冷蔵庫で冷やしておく。

(4) 180度のオーブンで20分(焼き色をみて時間を調節する)、底とまわりにこんがりと焼き色がつくまで焼く。オーブンから取出し、天板ごと冷ます。
[PR]
by breadnote | 2010-10-23 16:58 | おかし

唐辛子入り!チョコレートとキャラメルナッツのタルト

f0104355_17275156.jpg


我が家の定番のチョコレートタルトに、キャラメルコートした3種のナッツをのせました♪
さらに、お好みのスパイスをふって仕上げるのですが、私のお気に入りは一味唐辛子!

映画「ショコラ」のスパイス入りのショコラをイメージして作ったお菓子です。^-^

f0104355_17281799.jpg


他にも、カルダモンや、黒こしょう、山椒などいろいろ試してみるのも楽しいです。

レシピ
[PR]
by breadnote | 2010-10-19 19:32 | おかし

いちじくのタルト チーズクリームとカラメルソース添え oishii

f0104355_873060.jpg


いちじくが安くなってきましたねー♪
うれしくて土曜日の夕方からイソイソと作ったのはいちじくのタルト。
いちじくのスイーツの中ではやっぱりアーモンドクリームと一緒に焼きこむタルトが一番好きです♪
焼きっぱなしでもすごく好きだけど、チーズクリームとキャラメルソースを添えてグレードアップしたら、家族の皆に大絶賛♪
日曜日の朝から気をよくして一日中ご機嫌の私でした。^-^

タルト生地は、友達に教えてもらってからずっと愛用しているクッキーのレシピから砂糖を減らして。
もう本当にクッキーは一生このレシピだけでいいかも♪と思えるくらいすき。
このクッキー生地はピカイチにサックサクです♪
そもそも試してガッテンのレシピで、ガッテンのHPではアイスボックスクッキーとして紹介されていますが、この生地は断然型抜きに向いているんですよ!

ちなみに、私はガッテンのレシピから少しだけバターを減らして、きりのいい分量にして使っています。バターの風味はそのままに、扱いが少し楽になりますよ。

レシピ
[PR]
by breadnote | 2010-10-18 09:34 | おかし

カンパーニュ風 くるみのスコーン oishii

f0104355_15193113.jpg


カリフォルニアくるみを使ったレシピをもう1つ。
香ばしくローストしたくるみをたっぷりと、全粒粉とライ麦粉を配合したカンパーニュ風のスコーンです♪
夏場は生地がだれやすいので、フードプロセッサーを使って手早く作るのがポイントです♪

f0104355_1519483.jpg


胡桃とチーズとレーズンの蜂蜜漬けを乗せてもGOO♪
こちらは、キンキンに冷やしたレモンティーや、苦みばしったアイスコーヒーと一緒にどうぞ♪

カンパーニュ風 胡桃のスコーン(8個分)

薄力粉 170g
全粒粉 20g
ライ麦粉 10g
ベーキングパウダー 10g
砂糖 30g
塩 1g
無塩バター 70g
卵 1個
牛乳 (卵と合わせて100g)
ローストしたくるみ 50g

=準備=
・バターは1cm角にカットして、冷蔵庫で冷やしておく
・牛乳と卵は合わせてよく溶いておく。
・オーブンは200度に余熱。余熱中に胡桃をローストしておくと良い。(200度で10分くらいです。)

①フードプロセッサーに粉類、BP、砂糖、塩を入れて、ざっと回す。バターを加えて、パルスを繰り返しさらさらの状態にする。
②卵牛乳を加え、パルスを繰り返し、だいたいひとかたまりになったところで打ち粉をした台に取り出し胡桃を加えてざっくりと混ぜる。。
③手で丸く整えてから、直径20cmくらいの円形に伸ばし、包丁で放射線状に8等分にカットし、天板に並べる。
④180度に設定しなおしたオーブンで15分程焼く。底と表面がこんがり色づけばできあがり。



【レシピブログの「カリフォルニアくるみ」レシピコンテスト参加中です】

カリフォルニアくるみアイデアレシピコンテスト参加中!
[PR]
by breadnote | 2010-07-26 15:36 | おかし

やっとできた・・・

f0104355_220555.jpg


風邪をひいていました。
やっと昨日から復活して、今日は家中を掃除しました♪あー、すっきり。

寝込んでいる間中、しんどいのにずっと「クリームチーズを早く食べないと」と気になっていて、それでついでにレシピを考えたりしながら、結構楽しく病人しておりました。^-^
それで、そのときに思いついたレシピを試してみたら、うまくいきましたよ!

フォークが立つくらい硬ーいチーズケーキです♪
味はコクがあって濃厚なタイプです。
ずっと食べたかったんですが、これでやっと納得しました。

レシピ
[PR]
by breadnote | 2010-05-25 22:23 | おかし

ハードチーズケーキへの道

f0104355_1810399.jpg


硬いチーズケーキが作りたくて研究中。
目指す味はまだ遠いけれど、ギュッと詰まってこれもかなりおいしいです♪
丸型に紙を敷きこむのが面倒で、お手軽にパウンド型で焼いてる為、不思議な形に焼きあがっていますが、こういう感じも好きだったりします。^-^
配合も、60gでできるだけ統一して、とてもシンプルです。
作り方は、フープロにどんどん材料をくわえて混ぜるだけ、とこれまた簡単。

この生地で底にタルトを敷きこんだら、さらに好みの味になりそう。
タルトなしならもう少しホロッと感を出したいので、次回は生クリームはなしでアーモンドプードルを配合してみるつもりです。

後ろにちらりと写ってるのは、TOOTH TOOTHのタルト。
我が家でただいまブレイク中。

レシピ
[PR]
by breadnote | 2010-05-14 14:50 | おかし

ベイクドチーズケーキ

f0104355_19112210.jpg


私が昔から基本にしているチーズケーキのレシピ。

クリームチーズ 1箱(250g)
砂糖 100g
卵 2個
生クリーム 1箱(200ml)
レモン汁 大2
小麦粉 大2

たしか、クリームチーズの箱に書いてあったレシピをさらに簡単にしたものなのですが、これが結構侮れない良いレシピなんです。
とにかく使い切りのレシピなので、計量するのが砂糖だけでいいというのもポイント。
フードプロセッサーで材料をガーッと混ぜて焼くだけでも、それなりにおいしくできてしまうし。^-^

このレシピを基本にして、よくチーズケーキは適当にアレンジして作っています。
生クリームの半量をヨーグルトや、サワークリームに変えて、あっさり~濃厚を調節したり、レモン汁をたっぷり加えて、その分砂糖も多くして味のメリハリをつけたり、ラム酒をたっぷり加えてみたり、クランブルをトッピングしたり、干しぶどうやラズベリーを加えたり。
それから、作りかたでもずいぶん仕上がりがかわります。
卵白をメレンゲにして焼いたり、湯煎焼きにしたり・・・

そして、今回のは、ヨーグルト入り、メレンゲ仕立て、最後に粉砂糖を振って焼き上げてみました。
これもおいしかったけど、実は前から作ってみたいチーズケーキのイメージがあるんです。

フォークを突き刺すのに力がいるくらい硬くて、しっとりしてなくてホロホロっとした感じの、でも濃厚なチーズケーキ。
どなたか、良いレシピをご存知ないかしら?
[PR]
by breadnote | 2010-05-07 19:40 | おかし

ふわんふわんのチーズスフレマフィン

f0104355_16471672.jpg


ふわんふわんの春のおかし。
チーズスフレマフィンです。
スフレタイプのチーズケーキをマフィン型で小さく焼くのは、焼き時間が短くしぼみにくいので超おすすめ♪
春といえども風の冷たい今日みたいな日には、焼きたてのホカホカのところを食べるのもとーってもおいしいものですよ。

f0104355_16473065.jpg


寒くったって、もうすっかり気分から春を満喫しはじめている今日この頃。
衣替えやお部屋の模様替えなどをするかたわら、シフォンケーキやいちごのロールケーキを毎日のように作っていますが、そのローテーションにチーズスフレマフィンも加えることにしましょう♪
気楽に作れてあっという間にできあがりますからね!

レシピ
[PR]
by breadnote | 2010-02-27 17:39 | おかし