カテゴリ:おかし( 45 )

オレンジスライスの砂糖煮と砂糖菓子

f0104355_1284610.jpg


実家の庭で採れた無農薬オレンジを使って、オレンジスライスの砂糖煮を作りました。
そして、できた砂糖煮のうち形が崩れずきれいに煮上がったものだけを、砂糖菓子に。ティータイムにちびちびかじるのが楽しみです♪
砂糖煮の方は、バタートーストにどーんとのせたり、バニラアイスやクレープに添えたり、紅茶入れてオレンジティにしたり、刻んでピールとしても活躍する優れものです♪



こちらのブログでもレシピを紹介しています。
遊びにきてね♪

↓↓↓

しょうゆ屋さんの食卓から



ランキングに参加しています。
この記事を気に入っていただけたら、クリックで応援してください♪
よろしくお願いします。

↓↓↓

  
[PR]
by breadnote | 2013-12-07 12:18 | おかし

いちごのコンポート

f0104355_155842100.jpg


今年のいちごのコンポートはとても上手にできました♪
プルッと形を残したまま、でもしっかりと赤くなって、いちご味がギュッと濃いコンポートです。

たくさん作ったので太っ腹な気持ちになって、友達が来るたびに食べさせては自慢したり、自分でもどんどん食べていたのですが、気が付けばこれだけになっていて、慌てて写真をとりました。

上手にいちごのコンポートを作る最大のコツは、小粒のいちごを使うことと、葉をむしる時に手でそっと葉っぱだけをむしること。
わざと芯をのこしていちごを傷つけないようにするんです。
このひと手間だけで、いちごが煮崩れないんですよ。

お砂糖をまぶして半日くらい置きます。
厚手の鍋で、最初は中火。灰汁をとったあとは弱火でやさしく煮ていきます。
最初はいちごから色が抜けて白っぽくなりますが、次第にいちごに色が戻ってきます。
いちごの色が煮始めよりも濃くなった瞬間ができあがりの合図♪
それ以上煮るとジャムになってしまいますよ。

プルッとおいしいコンポート、私もあともう一回は作っておかないと!!





こちらのブログを3姉妹で運営しています。
主に和食のレシピを紹介しています。
遊びにきてね♪

↓↓↓

しょうゆ屋Makiのひと皿





ランキングに参加しています。
この記事を気に入っていただけたら、クリックで応援してください♪
よろしくお願いします。

↓↓↓

  
[PR]
by breadnote | 2012-05-10 16:18 | おかし

秋パフェ♪ かぼちゃのパンナコッタと黒豆のパフェ

f0104355_14465430.jpg


ふじっこのお豆さんはよく買うけれど、丹波黒黒豆を試してみて、そのふっくらした大粒のお豆にちょっと感動。
このふっくら加減はデザートにも合いそうだな~、と作ったのがこちら♪

まったりプルルンとした濃厚なかぼちゃのパンナコッタにと、ほっくりとしたお豆さん、そして冷たいアイスを盛り合わせたパフェ。
それぞれの個性を引き立てあって、どれがかけても寂しい感じですよ。

アイスは市販のアイス(我が家の常備アイス。レディーボーデンのバニラと抹茶です。)なので、作るのはかぼちゃのパンナコッタだけ。


かぼちゃのパンナコッタ

【材料】
・かぼちゃ レンジで蒸して皮をとったもの正味100g
・牛乳 200g
・生クリーム 100g
・砂糖 40g
・ゼラチンリーフ 5g

【作り方】
1.ゼラチンリーフをたっぷりの水で戻しておく。
2.かぼちゃはわたをとり、一口大に切ってレンジでやわらかく蒸し、皮をとっておく。
3.牛乳と生クリームを沸騰直前まで温め、砂糖を加えてとかし、水気を絞ったゼラチンリーフも加えてと溶かす。これをボールに入れて、かぼちゃとあわせて、ハンディブレンダーで滑らかにする。
4.ボウルの底に氷を当てて、混ぜながら冷ます。とろみがついてきたら、冷蔵庫で冷やし固める。



できあがったパンナコッタと、黒豆と、アイスを器に盛り付けて、秋のパフェのできあがり。
熱~いほうじ茶と一緒にどうぞ♪


黒豆の料理レシピ
黒豆の料理レシピ

[PR]
by breadnote | 2011-11-02 15:07 | おかし

材料は3つだけ♪ ガトーショコラ

f0104355_9445655.jpg


えっと、材料はチョコレートと卵とお砂糖、これだけです♪
これでふんわり軽めのおいしいガトーショコラができるのだから、ちょっと得した気分です♪この季節にはぴったりかも。^-^

ここのところ、お菓子を作ってなかったので、生クリームはおろか小麦粉もなかったりして自分でもびっくり。
そんなわけで、近々プロフーズでお買い物します。
ご近所のお友達で、一緒に注文したい方今週中にメールくださいね。(5/27 注文しました。届いたら連絡しますね。)

チョコと卵とお砂糖のガトーショコラ
[PR]
by breadnote | 2011-05-24 10:15 | おかし

メレンゲベースのふわふわココアスポンジ

f0104355_9465270.jpg


今日は長女の誕生日♪
朝からパーティ準備に、まずココアスポンジを焼きました。
長女のリクエストは、ココアスポンジと生チョコを使ったチョコ感いっぱいのケーキ。
・・・というわけで、いつもはスポンジと言えばジェノワーズなのですが、今日はクリームとのバランスを考えて甘さ控えめの軽いココアスポンジにしています。
メレンゲベースなので、ジェノワーズよりもちょっと簡単。^-^

上の写真はスポンジを冷ましているところです。
セルクルを使ってスポンジを焼くときには、こうして立てて冷ますのであっという間。
型に紙を敷きこまなくていいのでとっても手軽だし、生地が型に張り付くのでしぼむ比率も少なく、底がないので蒸れずにふんわりと仕上がります。

さてさて、これから買出しに行って、部屋を飾らないと!
がんばりまーす。


メレンゲベースのふわふわココアスポンジ(丸セルクル 15cm 1台分)

【材料】
・卵白 2個分
・卵黄 2個分
・砂糖 50g
・薄力粉 35g
・ココアパウダー 15g(ココアパウダーは、これがおすすめ)
・牛乳 20g

【準備】
・小麦粉とココアをあわせてふるう。
・オーブンを170度に余熱。
・天板にオーブンシートを敷いて、その上にセルクルを乗せておく。(ケーキ型を使う場合はオーブンペーパーを敷きこんでおく。)
・牛乳を40度くらいに温める。

【作り方】
(1) メレンゲを作る。卵白をハンドミキサーであわ立てる。角が立ち始めたら、砂糖を加え、つややかでしっかりとしたメレンゲにする。

(2) メレンゲに卵黄を加え、泡だて器で混ぜる。小麦粉とココアをふるい入れ、ゴムべらで底から生地をすくっては折りたたむように返して混ぜる。だいたい粉が見えなくなったら、牛乳のボウルに生地をひとすくい加え、ぐるぐると混ぜる。今度はそれをあわ立てた卵の方に加え、ゴムベラで底から丁寧に混ぜる。

(3) 型に流しいれ、天板の底をトントンとたたいて気泡を抜き、170度で25~30分。ふんわりふくらんでから、かすかに焼き沈みするまでしっかり焼く。オーブンから出して、底のシートをはがし、型を立てて冷ます。(ケーキ型を使用の場合は、立てずに冷ます)冷めたら型と生地の間にナイフを入れて外し、袋に入れて半日~一晩寝かせる。
[PR]
by breadnote | 2011-02-21 10:06 | おかし

ふんわり軽めのジェノワーズ

f0104355_1216563.jpg


今年のパパのバースディケーキは、こんな感じになりました。
子供達がかわいくデコレーションしてくれました。^-^
ナッペは私ですが、相変わらず苦手。ナッペや絞りってやっぱり習わないとダメかな?

f0104355_1217456.jpg


さてさて、パパ好みのふんわりジェノワーズのレシピです。


ふんわり軽めのスポンジケーキ(15cmのセルクル型 1台分)

【材料】
・卵 合計150g(全卵2個と卵黄1個)
・砂糖 80g
・薄力粉 80g
・生クリーム 40g

【準備】
・小麦粉はふるう。
・オーブンを160度に余熱。
・天板にオーブンシートを敷いて、その上にセルクルを乗せておく。
・生クリームを40度くらいに保温しておく。

【作り方】
(1) 卵と砂糖を深めのボウルに入れて、湯煎であたためながら、ハンドミキサーであわ立てる。卵が40度くらいになればOK。あたためすぎに注意。ツヤが出て、すくった卵を落としたときに高く積もってしばらくキープするくらいになるまで。最後は低速でキメを整える。

(2) 粉をふるい入れ、ゴムべらで、生地を底からすくっては折りたたむように返して混ぜる。だいたい粉が見えなくなったら、生クリームのボウルにひとすくい加え、ぐるぐると混ぜる。今度はそれをあわ立てた卵の方に加え、ゴムベラで底から丁寧に混ぜていく。

(3) 型に流しいれ、天板の底をトントンとたたいて気泡を抜き、160度で約35分。真ん中あたりを軽く押してみて弾力があれば焼き上がり。オーブンから出して、底のシートをはがし、型を立てて冷ます。冷めたら、型と生地の間にナイフをくるりと入れてはずす。ラップに包んで一晩寝かせたら、しっとりとして、さらにおいしくなります。

*デコレーションする際は、スライスして両面にシロップを打ちます。
[PR]
by breadnote | 2011-02-14 12:30 | おかし

ジャッキーのふんわりショコラ

f0104355_1541654.jpg


明日はバレンタインデーですね♪
我が家では、年々贈るお菓子の数が増えて大変ですが、今日は朝から賑やかに女子3人でお菓子作りです。
ことしのお菓子は、ジャッキーのふんわりショコラ。
去年の上の子の誕生日に、ジャッキーのガトーショコラを作ったのだけど、あれとそっくりでしょ。^-^;
でも、今回はガトーショコラとスポンジの中間くらいの、ふんわり軽く焼き上げたショコラ生地に、ガナッシュを挟んで仕上げました。
チョコ好きさんには濃厚なガトーショコラがおすすめですが、こちらのふんわりショコラはきっとだれにでも喜ばれるかなー、と期待しています。^-^ みんな気に入ってくれるといいな。
このショコラ生地、ロールケーキにしてもおいしいかも。
こんど巻いてみよっと。^-^

f0104355_15412298.jpg


天板2枚分をいっぺんに焼き上げました!
部屋中チョコの香り~♪

さてさて、これからパパのお誕生日のケーキを作らなくっちゃ。
ジェノワーズは昨日のうちに焼いたので、デコレーションをするだけですが、ジャッキーのふんわりショコラでちょっと力つきぎみ・・・

ところで、今回のジェノワーズも、ちょっといい感じに焼けたんです。
パパはふんわり軽めの生地が好みなので、いつも作ってるジェノワーズよりも砂糖と粉を控えてみたら、ちょうどパパ好みな感じに焼きあがりました。
このレシピ、ふんわり高さが出やすくて、失敗しにくいかも。^-^
だれにでも作りやすいレシピだと思います♪
また後日紹介しますね。

それではみなさん、明日は素敵なバレンタインデーをお過ごし下さいね♪
[PR]
by breadnote | 2011-02-13 15:56 | おかし

フォンダンショコラフロマージュ

f0104355_1594537.jpg


チョコレートを使わないのにチョコ感いっぱいの濃厚なフォンダンショコラができるんですよ♪
ポイントは、タイトルからも分かるようにフロマージュ。
クリームチーズを使うことで、しっとり濃厚な食感が生まれるんです♪
ヘルシーだからとかチョコの代用品として、というわけでなく、とにかくこのケーキがおいしいので、我が家では「フォンダンショコラと言えばこのケーキ!」なのですよ。^-^

焼きたてはトロトロとしてまさにフォンダンショコラ。
冷めると、ぎゅっと濃厚になってまるで生チョコのよう♪
どちらも捨てがたいおいしさですよ♪

おいしそうなチョコレート色にしてくれるココアパウダーは、これがおすすめ。クオカでも売ってますね。


フォンダンショコラフロマージュ

【材料】
クリームチーズ 100g
グラニュー糖 40~50g
卵黄 2個分
無塩バター 30g
牛乳 30g
コニャック 約大1
ココアパウダー 40g
卵白 2個分
グラニュー糖 40g

【準備】
・クリームチーズを室温におく。
・バターを湯煎で溶かし、保温しておく。
・マフィン型にグラシンカップを敷いておく。
・オーブンを160度に予熱しておく。

【作り方】
(1) ボウルにクリームチーズを入れてゴムベラで柔らかく練り、グラニュー糖(40~50g甘さをお好みで調節)を加えて泡だて器でホイップする。卵黄、溶かしバター、牛乳、コニャック、ココアパウダーを順に加え、その都度滑らかになるまでホイップする。

(2) 別のボウルに卵白を入れ、ハンドミキサーの強であわ立てる。ふわふわになってきたら、グラニュー糖40gを3回に分けて加え、しなやかでしっかりとしたメレンゲを作る。

(3) (2)のメレンゲを(1)のボウルに3回に分けて加え、その都度ゴムベラで丁寧に混ぜる。生地をスプーンで型の7~8割まで流しいれ、160度のオーブンで10分焼く。焼きすぎないのがポイント。生焼けでいいのです!^-^(しっかり15分くらい焼くと、とろけないけれど、しっとりと濃厚なチョコケーキになります。)

f0104355_151027.jpg

[PR]
by breadnote | 2011-01-27 15:18 | おかし

いちごのロールケーキ

f0104355_13171875.jpg


この生地は手軽にパパッと作りたいときに使ってるレシピで、卵と砂糖と粉だけのシンプルな配合で、作り方も簡単。
コツは、全卵の泡立て方と、オーブンに備え付けの天板(37×28.5cm)を使うこと、それから巻いてから一晩寝かせることくらいかな。
とにかく手軽に作れるのに、やわらかでふわっと軽い生地ができあがるんです♪

思えば初めて作ったロールケーキがこの生地でした。
以来、かれこれ6年くらい、いろいろな生地を試して、お気に入りの生地がいくつもできましたが、この生地がいつもベースになってるんですね。
このレシピがあるから、いろいろなアレンジをしたときに、仕上がりのイメージができる・・・そんな私の基本となっているレシピです。

基本のロールケーキ生地(37×28.5cmの天板一枚分)

卵(Lサイズ) 4個
グラニュー糖 90g
薄力粉 60g

=準備=
・卵を室温におく。
・型にわら半紙を敷きこむ
・小麦粉を2回ふるう。
・オーブンを180度に余熱する。

(1)卵を大きめのボウルに割りいれ、軽くほぐし、グラニュー糖を加えて、湯煎で温めながらハンドミキサーの強で4~5分あわ立てる。(卵が人肌より少し温かくなれば湯煎を外す。)白っぽくふんわりとしたら、低速で1~2分あわ立てキメを整える。泡だて器ですくって落とした生地で「の」の字が書けたらOK。途中で消えてしまうようならまだ泡立て不足。

(2)あわ立てた卵に小麦粉を加えて、底からすくっては折りたたむようにして、しっかり丁寧に混ぜる。完全に粉が見えなくなってからさらに10回ほど混ぜたら、型に流しいれ、カードやヘラなどを使って四隅に流し表面を平らにする。型の底を数回トントンと叩いて大きな気泡をなくす。

(3)170度に設定しなおしたオーブンで、14分焼く。全体が薄いキツネ色に焼き色が付けばOK。14分以内に焼きあがるように様子を見ながら温度を調節してください。焼きすぎると生地が堅くなります。焼きあがったらすぐに、わら半紙ごと型から外し、網の上でさます。

(4)生地が冷めたら、オーブンシートの上に裏返し、わら半紙をはがします。生地が横長なので、半分にカットして巻くと巻きやすいです。オーブンシートを使って、生クリーム、フルーツなどを巻いたら2時間程冷蔵庫で落ち着かせてからカットします。できれば、ぴっちりとラップして冷蔵庫で一晩寝かせると生地がしっとりとおいしくなります。
[PR]
by breadnote | 2011-01-11 13:57 | おかし

メリークリスマス

f0104355_14102644.jpg


メリークリスマス!
今日は神戸で少し雪が降りました♪
子供達は大喜びです。

久しぶりに焼いたケーキのスポンジ、高さがしっかりでて、ふんわり軽く焼けました♪
デコレーションは子供達におまかせで、かわいいケーキになりましたよ。

デコレーションに使っているジャッキーのクッキーは、昨日サンタさんへのプレゼント用に子供達が焼いたもの。
サンタさんはプレゼントを置いて、クッキーを持って帰ってくれたようです。^-^
窓にはサンタさんからのメッセージも書いてありましたよ。

今日は家族でプレゼント交換をして、のんびりと過ごしています。
みんなから私へのプレゼント、素敵だったんですよ。
素敵な箱入りの、ラデュレのレシピ本。
この本のレシピでお菓子を作るのが楽しみです!

みなさんも、楽しいクリスマスをお過ごし下さいね。
[PR]
by breadnote | 2010-12-25 14:24 | おかし