「ほっ」と。キャンペーン

色々野菜の柿酢ピクルス

f0104355_8483010.jpg


こんにちは。
台風が近づいていますね。
今日は警報が出てるので、子供たちも自宅待機。
ピクルスの写真をとっていると、後から子供たちがつまみ食いにきて、あっという間に半分くらいになってしまいました。
柿ロエールを使ったピクルスなので、酸っぱすぎなくてサラダ感覚でポリポリ食べられるんです。

柿ロエールとは、水も酵母も使わずに柿だけの力でできあがる、柿100%でできた生のお酢のこと。(お酢に柿を漬け込んだものとは別物です。)

「柿が赤くなると医者が青くなる」と言われるように、柿自体が健康フルーツですが、それに加えてお酢の健康パワーも加わって、すばらしい健康食品だと言えます。

柿酢の効能としては、血圧を下げる効果、肥満防止、心臓病予防、二日酔い予防、疲労回復、抗ストレス作用、リラックス作用、痴呆症の改善などがあげられます。

お酢の健康効果はよく知られていますが、たとえば血圧を下げる効果のあるカリウムだと、柿酢は黒酢の3倍、米酢の10倍以上だと言われています。

そんな超健康的なお酢なのに、なんといってもフルーティでおいしいのだから、言うことはありませんね!


さて、今日はそんな柿酢ピクルスを、ルクエスチームケースと、ハウス食品から販売されている「スパイスクッキング」のピクルスの素を使って、とっても手軽に作る方法をご紹介しますね♪

ちなみに「スパイスクッキング」はピクルス以外にも色々あって、現在12種類売り出されているようです。
数種類のスパイスと調味料がブレンド済みなので、食材に合わせるだけでOK。
メニューに合わせてスパイス数種類をベストな比率でブレンドされていて、スパイス初心者でもお店のような本格スパイス料理を楽しめます。
1~2回分の小袋タイプなので、ムダ無く使えて、初めてのスパイスにもチャレンジしやすいという、いいところずくめのスパイスブレンドなのですよ♪

色々野菜の柿酢ピクルス

【材料】
・きゅうり、にんじん、セロリ、ラディッシュ、ベビーコーン、みょうが、パプリカなどお好みの野菜。
・ハウススパイスクッキング「ピクルス」
・水 1/4カップ
・柿ロエール 1/2カップ(柿酢が手に入らなければ、りんご酢など他のフルーツ酢で代用してください。)

【作り方】
1. 野菜はできるだけ大きさをそろえて切る。セロリは丁寧に筋をとると食べやすいですよ。
2. ルクエスチームケースに水、スパイスクッキングを加えて、レンジ温めて調味料を溶かす。熱いうちににんじんを加え、その上に、ラディッシュ、セロリ、パプリカをのせ、さらにその上にきゅうり、みょうがなど柔らかい野菜をのせて、ふたをして蒸らす。
3. 荒熱がとれたころに、柿ロエールを加える。味がなじんだ2時間後くらいから食べられます。密閉容器に詰め替え、冷蔵庫で保管しすれば1週間はおいしく食べられます。


* 柿ロエールは生のお酢なので、生きた酵母がいっぱい!火を通さずに生のまま食べたほうがおいしく体にいいのでおすすめです。

* 他のお酢を使う場合は、水と一緒に最初から加えて温めると、酸味が飛んで食べやすくなります。

* 野菜が減ってきたら、塩もみか軽くレンジでチンしたものを、追加して漬け込んでもOK。

* 残ったピクルス液に、オリーブオイルを加えたら、スパイスの効いたおいしいドレッシングができあがりますよ!


スパイスクッキングとルクエの料理レシピ
スパイスクッキングとルクエの料理レシピ



f0104355_950453.jpg柿ロエールのご購入は大門醤油醸造HPへどうぞ。



こちらのブログでもレシピをご紹介しています。
遊びにきてね♪

↓↓↓

しょうゆ屋さんの食卓から



ランキングに参加しています。
この記事を気に入っていただけたら、クリックで応援してください♪
よろしくお願いします。

↓↓↓

  
[PR]
by breadnote | 2012-06-19 09:45 | おりょうり
<< しょうゆ麹漬け鶏胸肉でしっとり... シンプルなまるパン >>