いちごのロールケーキ

f0104355_13171875.jpg


この生地は手軽にパパッと作りたいときに使ってるレシピで、卵と砂糖と粉だけのシンプルな配合で、作り方も簡単。
コツは、全卵の泡立て方と、オーブンに備え付けの天板(37×28.5cm)を使うこと、それから巻いてから一晩寝かせることくらいかな。
とにかく手軽に作れるのに、やわらかでふわっと軽い生地ができあがるんです♪

思えば初めて作ったロールケーキがこの生地でした。
以来、かれこれ6年くらい、いろいろな生地を試して、お気に入りの生地がいくつもできましたが、この生地がいつもベースになってるんですね。
このレシピがあるから、いろいろなアレンジをしたときに、仕上がりのイメージができる・・・そんな私の基本となっているレシピです。

基本のロールケーキ生地(37×28.5cmの天板一枚分)

卵(Lサイズ) 4個
グラニュー糖 90g
薄力粉 60g

=準備=
・卵を室温におく。
・型にわら半紙を敷きこむ
・小麦粉を2回ふるう。
・オーブンを180度に余熱する。

(1)卵を大きめのボウルに割りいれ、軽くほぐし、グラニュー糖を加えて、湯煎で温めながらハンドミキサーの強で4~5分あわ立てる。(卵が人肌より少し温かくなれば湯煎を外す。)白っぽくふんわりとしたら、低速で1~2分あわ立てキメを整える。泡だて器ですくって落とした生地で「の」の字が書けたらOK。途中で消えてしまうようならまだ泡立て不足。

(2)あわ立てた卵に小麦粉を加えて、底からすくっては折りたたむようにして、しっかり丁寧に混ぜる。完全に粉が見えなくなってからさらに10回ほど混ぜたら、型に流しいれ、カードやヘラなどを使って四隅に流し表面を平らにする。型の底を数回トントンと叩いて大きな気泡をなくす。

(3)170度に設定しなおしたオーブンで、14分焼く。全体が薄いキツネ色に焼き色が付けばOK。14分以内に焼きあがるように様子を見ながら温度を調節してください。焼きすぎると生地が堅くなります。焼きあがったらすぐに、わら半紙ごと型から外し、網の上でさます。

(4)生地が冷めたら、オーブンシートの上に裏返し、わら半紙をはがします。生地が横長なので、半分にカットして巻くと巻きやすいです。オーブンシートを使って、生クリーム、フルーツなどを巻いたら2時間程冷蔵庫で落ち着かせてからカットします。できれば、ぴっちりとラップして冷蔵庫で一晩寝かせると生地がしっとりとおいしくなります。
[PR]
by breadnote | 2011-01-11 13:57 | おかし
<< 牡蠣のオイル焼き タイムとレモ... メリークリスマス >>