いちじくのタルト チーズクリームとカラメルソース添え oishii

f0104355_873060.jpg


いちじくが安くなってきましたねー♪
うれしくて土曜日の夕方からイソイソと作ったのはいちじくのタルト。
いちじくのスイーツの中ではやっぱりアーモンドクリームと一緒に焼きこむタルトが一番好きです♪
焼きっぱなしでもすごく好きだけど、チーズクリームとキャラメルソースを添えてグレードアップしたら、家族の皆に大絶賛♪
日曜日の朝から気をよくして一日中ご機嫌の私でした。^-^

タルト生地は、友達に教えてもらってからずっと愛用しているクッキーのレシピから砂糖を減らして。
もう本当にクッキーは一生このレシピだけでいいかも♪と思えるくらいすき。
このクッキー生地はピカイチにサックサクです♪
そもそも試してガッテンのレシピで、ガッテンのHPではアイスボックスクッキーとして紹介されていますが、この生地は断然型抜きに向いているんですよ!

ちなみに、私はガッテンのレシピから少しだけバターを減らして、きりのいい分量にして使っています。バターの風味はそのままに、扱いが少し楽になりますよ。





さくさくサブレ

【材料】
・薄力粉 200g
・無塩バター 100g
・粉砂糖 80g
・卵黄 1個分

さくさくタルト(20cmのタルト型2台分)

【材料】
・薄力粉 200g
・無塩バター 100g
・粉砂糖 50g
・卵黄 1個分

【作り型】サブレ、タルト共通

(1) やわらかく戻したバターをマヨネーズ状にホイップ。粉砂加えてホイップ、卵黄を加えてさらにホイップする。薄力粉を加えてカードで切り混ぜる。

(2) ひとかたまりにし(タルト用は2等分する)平らにまとめ、ラップして冷蔵庫で2時間~一晩寝かせる。(すぐ使わない時は冷凍してもOK。自然解凍して使う。)

(3) ラップの間に挟んで麺棒で3mm程度の厚さに伸ばす。もう一度、冷蔵庫で冷やしてから、型抜きし天板にならべ(タルトは型に敷きこむ)、さらにもう一度冷蔵庫で冷やす。

(4) クッキーやタルトの空焼きをする場合、180度のオーブンで15分程焼く。


これでぎりぎりぴったり、20cmの型に2台分の生地ができます。
私は薄いタルト生地が好きなので、この分量で作りますが、敷きこみが苦手な場合は、18cmの型で作るか、タルト用に多めに生地を使って残りは型抜きクッキーとかプチタルトにするといいですよ。

f0104355_883311.jpg


タルト生地の空焼きはせず、生地を敷きこんだところにアーモンドクリームをいれて、いちじくをびっしりとのせてオーブンに入れます。

アーモンドクリームの分量はたいてい、卵、バター、砂糖、アーモンドプードルが全部同量のレシピを採用しています。

20cmのタルト一台に卵1個。
卵の分量を量って、それと同量の他の材料を用意すればいいと言うわけです。
作り方は、クッキーと同じ。

このアーモンドクリームだとしっとりと焼き上がるので、もう少ししっかりした感じに焼き上げたい場合は、小麦粉やコーンスターチを大さじ1~2程度配合するときもあります。
一緒に焼きこむフルーツの水分なども考えて、クリームの硬さを調節するといいですね。
さらにラム酒やアマレットなどを大さじ1程度加えて仕上げると香り高く焼きあがりますよ。

今回は、コーンスターチ大さじ1、アマレット大さじ1を加えたものを型に流し、その上にくし型に6つ割にしたイチジクをぎっしりと並べ、180度のオーブンで1時間弱焼きました。

f0104355_885021.jpg


焼き上がり、部屋中にバターのおいしい香りが広がります♪
完全に冷めてから型をはずします。
粉砂糖をふって仕上げ。

ついでに、チーズクリームの作り方です。

クリームチーズ20g をやわらかく練り、はちみつ少しと生クリーム100ccを順に加え角がたつまでホイップすればできあがりです。

さてー、お次は芋、栗、なんきんと行きましょうか~♪
[PR]
by breadnote | 2010-10-18 09:34 | おかし
<< 唐辛子入り!チョコレートとキャ... ふんわりフレンチトースト コア... >>