タイカレー

f0104355_12455958.jpg


もともとタイカレーは好きだったのだけれど、サムイで本場のタイカレーを食べて、すっかりとりこになってしまいました♪
やはり南国のお料理、なんといっても暑い夏にぴったりですね!
食欲が刺激されて、さらりと食べられて、栄養もばっちり♪
タイカレーのおかげで夏バテしらず(むしろ体重増加中???ドキッ!)なのです。
しかも作るのはとても簡単で、煮込まなくていいのも夏にはありがたいところ♪

グリーン・イエロー・レッド、いろいろなカレーペーストが市販されていますが、我が家では子供にも食べられるようにと、もっぱらそれほど辛くないトムヤムクンペーストを愛用中です。
業務用スーパーで大瓶入りのを買ったのでせっせと消費しているという理由もありますが、おいしいのでひと夏で1ビン消費する勢いですよ!

上のカレーは、なすとエビのカレーです。
作り方は、サラダ油ににんにくのみじん切りを入れて火にかけ香りがしてきたら、ペーストと一緒になすとエビに火が通るまで炒めます。
火を弱くしてココナッツミルク(+水で濃度を調整)を加え、ナンプラーと砂糖で味を調えたら、器に盛り付けミニトマトとバジルをのせてできあがり。
あれば、炒める時にタイカレー用のハーブ(レモングラスやバイマクルーなどを使うと、より香り高いカレーになります。
仕上げに大人用には、オリーブオイルで作った自家製の食べるラー油で辛さをプラスしています。

ちなみに、分量がないのは、ペーストによって大きく変わるためです。
ココナッツミルクも、メーカーによって濃度が全然違うし・・・
参考までに、今回の分量は目分量ですが、ナス2本、エビ10尾、にんにく1片、トムヤムクンの素大3~4、ユウキ食品 ココナッツミルク 缶 400ml 約半分、水はココナツミルクとだいたい同量。ナンプラー、砂糖、小1程度です。

f0104355_12463335.jpg


こちらは、サムイで食べたチキンと野菜のカレー。
黒くて丸いのはなんと、ぶどうです。
これがまたおいしいの!!
そして、バジルがいい香り♪

f0104355_12464195.jpg


これは、ココナッツの実の器に入ったエビのカレー。
たしかパイナップルが入っていたような・・・(?)
たいていのカレーに野菜やインゲン豆がたっぷり入っていて、それらが程よく歯ごたえがあっておいしいのが印象的でした。

バジル、トマト、フルーツは火を通しません。
インゲン豆は色もきれいだったので、塩茹でしておいて仕上げに加えてるのだと思います。
タイのナスは小さくて薄いグリーンの丸ナスです。
4つ割りになっている形がしっかり残る程度だったので、それほど炒めていないようですね。
とにかく、野菜は歯ごたえが残る程度、エビはプリプリに、火を通しすぎないのがおいしさのポイントですね。
野菜がスープに馴染むまで煮込まないぶん、味は少し濃厚です。うまみも辛みも香りも味付けもしっかりめ!

おみやげにタイ料理のレシピ本を買って帰ってきたのですが、さまざまなカレーのレシピが載っていて、見てるだけでもおなかがなりそうです。
ペーストだけでも、10種類以上のレシピが載っているんですよ!
材料が揃えば、全部作ってみたいところなのですが・・・

日本のカレーと同じで、地方によって、それぞれのレストランや家庭によって、味や具が違うのですね!
タイカレー、まだまだ奥が深いようです。^-^
[PR]
by breadnote | 2010-09-01 13:56 | おりょうり
<< 揚げサバのココナッツカレーソース ルクエパン レシピコンテストで... >>