ボリジ

f0104355_20474999.jpg


毎年こぼれ種で増えて、ほぼ自生している裏の空き地のボリジです。
こんなにたくましいボリジですが、可憐な青い星型の花を咲かせるハーブです。
エディブルフラワーなので、花はサラダや砂糖漬けにしたり、ハーブティにもできます。
白ワインに浮かべると、青い花がピンクに変わる様子が楽しめますよ。

効用は、心を落ち着かせたり、風邪気味のときの咳や寒気に効くそうです。
そういえば、ほぼ同じ時期に花を咲かせるカモミールも、鎮静、安眠、消化促進、初期の風邪の改善など、よく似た効果がありますね。
ピーターラビットがおなかをこわしたときに、お母さんうさぎが作ってくれたのがカモミールティでした。

それにしても、気温の変化が大きく、体調を崩しやすいこの時期に、この様な花がたくさん咲くなんて偶然とは思えない感じがします。
そういえば、ボリジは、その昔聖母マリア様の青い衣の色に使われたことから「マドンナ・ブルー」とも呼ばれているのだそうです。そして、カモミールは「マザーズハーブ(母の薬草)」とも呼ばれているのです。
母なる大地からの贈り物。。。かな?^-^
[PR]
by breadnote | 2010-05-13 21:23 | しぜん
<< ハードチーズケーキへの道 古代ひしおと、万葉集 >>