ふかふかシートで、いちごとバニラのロールケーキ

f0104355_10141944.jpg


捜し求めていたロールケーキの味に、とうとうたどり着きました♪
とにかくふんわりとボリュームがあって、コシもちゃんとあって、口どけもいい。
味もしっかりと卵のコクがあって、しかも作りやすくて、割れない、材料もシンプルで作り方も簡単。。。と3拍子も4拍子も5拍子もそろった夢のようなロールケーキの生地。(言いすぎ?)

そして、この生地の良いところはもうひとつ。この生地はシロップを打って仕上げるというところ。
これがひと手間なようで、すごくいいんですよ。

生地には卵と砂糖と粉しか使わず、とてもシンプルなので、シロップ次第で自由にアレンジができるんです。
中に巻くクリームやフルーツなどにあわせて、シロップを変えていくんです。

例えば、シンプルな生クリームには、ハチミツを加えたハチミツシロップ。
今回の写真のようにいちごのロールなら、バニラ風味のシロップ。
チョコクリームなら、コーヒーの香りを移したコーヒーシロップ。
カスタードクリームには、ラム酒のシロップ。。。というように♪

ね、楽しいでしょ!





ふかふか生地(27cm×37cmのオーブンに付いてる天板1枚分)

卵黄 6個分
砂糖 30g

卵白 4個分
砂糖 60g

薄力粉 70g

=準備=
・卵白は冷凍庫に入れて数分冷やしておく。
・粉はふるう。
・天板に紙をきっちりとしき込む。
・オーブンを200度に余熱。

①卵黄と砂糖を白っぽくふんわりとするまでホイップ。
②卵白に、砂糖を3回くらいに分けて加えながら、しっかりとしたツヤのあるメレンゲを作る。
③①のボウルに、メレンゲをひとすくい加え、泡だて器で良く混ぜる。粉をふるい入れ、ゴムベラでさっくりと数回混ぜたら、まだ粉が見えている状態で、残りのメレンゲを半分加え混ぜる。だいたい粉が混ざったかなというところで、さらに残りのメレンゲを加え、メレンゲの筋が見えなくなるまでゴムベラで丁寧に混ぜる。
④天板に生地を流し込み表面を平らにならす。天板のそこを手のひらで数回叩いて、気泡を整える。
⑤180度に設定し直したオーブンに入れて、13分ほど焼く。全体においしそうな焼き色が付いたらOK。紙ごと網の上に取り出して冷ます。(冷めてもすぐに巻かない場合は、ふんわりとラップしておく。)

冷めたら別の紙の上に生地を裏返して、紙をはずす。
お好みで焼き色を上にし、お好みのシロップを打ちます。(写真は表巻きにしていますが、裏巻きの方が作りやすいでしょう。)
全体にしっとりとしたら、巻き終わりのところを斜めにカットし巻き終わりが落ち着くように厚みを調節。
全体にクリームを塗ったら、巻きはじめだけ3cmくらい90度に生地を立ち上げて芯を作り、あとはクルクルと手で簡単に巻く事ができますよ。
この生地で、生クリームだけなら200ml(1箱)で調度バランスがいい感じです。フルーツも乗せるならクリームを少し減らすといいでしょう。
[PR]
by breadnote | 2010-01-13 10:49 | おかし
<< ふんわり♪ココアロール あけましておめでとうございます >>