カステラの生クリームトースト

f0104355_15171483.jpg


食べごろを過ぎて硬くなってしまったカステラが、極上のおやつに大変身!
作り方もとーっても簡単なので、お休みの日の朝ごはんに子供達にお願いして作ってもらっちゃうこともできるくらいです。^-^

今から、一行で作り方書いちゃいますよ。

カステラに生クリームをたっぷりと浸み込ませ、バターをひいたフライパンでこんがり焼く!はい、これだけ♪

でもね、お客様に食べてもらったら皆大絶賛♪
たっぷり浸み込ませた生クリームの効果で、焼き色のついたところはサックサク、中はふーんわりしっとりなんです。
「作り方を教えて~」と言われて、はたして暴露しちゃって良いものかどうか迷ったくらいです。^-^;
いやー、近所で売ってるカステラの切り落としに、生クリームを浸み込ませて焼いただけよって。。。アハハ

あんまりにも簡単すぎて申し分けないから、せめてちょっとフルーツやクリームなど添えておしゃれにしたいところなんですが、でもでも、このまま食べるのが一番おいしいので、ぐぐっとこらえて(?)シンプルにおもてなしするのがベストかと思いまーす♪

そして、さらに、大人向けのもっとおいしい作り方を教えちゃいますよー。
生クリームと一緒に洋酒を浸み込ませるんです。
アマレットとかグランマニエとかブランデーなど好きなものでOKです。
量もお好みで。お酒の香りが好きな人は生クリームの量を減らしてたっぷりと浸み込ませてくださいな~♪






心配や励ましの言葉をいただいて、ありがとうございます。
えっと、実はまだ、耳管開放症の方は全然治っていません。えーん。
本当は、「治りましたーっ」て、元気に報告したかったんですけど、どうやらこの病気はこれといった治療法がないんです。

治ったら友達と会っておしゃべりしたいとか、運動しようとか、いろんなことを楽しみにしているんですが、治ったら。。。って思ってるといつまでたってもできないんですよね。

人との会話や外出が億劫になっちゃったり、ふらふらして疲れやすくて家事が進まないとか、耳鳴りや自声がうるさくてストレスになたり、色々と生活に支障はあるんですが、地道に療養しながらのんびりこの病気と付き合っていこうかと、ちょっと考え方を方向転換することにしました。

今のところは、首や耳まわりのマッサージとか、針治療とか、漢方とか、足湯とかをしながら、体調を整えるべくのんびり過ごしたり、睡眠をしっかりとるように心がけて暮らしています。

針治療が結構効くような気がするので、がんばって通っていますが、自分でできることの中では、足湯がね、結構いいみたい。
私が使ってるのは、今年のパパのお誕生日にプレゼントしたパナソニック スチームフットスパ(遠赤外線ヒーター付) EH2862P-Wという商品なんですが、これすっごいオススメですよ。

コップ一杯ほどの水でいいのが手軽で、30分~1時間くらいテレビを見ながら足湯をするだけで、汗をいーっぱいかいてとっても気持ちがいいんです。すっきりしますよ。
血行がよくなると肩こりが治るし、たぶん耳管開放症の症状にも効いてるみたい。

このマシンがとてもいいので、両親も同じものを購入し、さらに足の悪いおばあちゃんにもプレゼントしたというくらい、我が家周辺では広がっているんですよ。
父はこれで夜中のこむら返りがなくなったらしく、おばあちゃんは足が動きやすくなってトイレに行くのが少し楽になったそうです。

体調がよくなってくると、耳の不快感もしのぎ易く感じるし、これでしばらくがんばりますねっ♪
ご心配をおかけして、ごめんなさい。
でも、もう大丈夫。きっと。
体調の波は誰にでもあるものだし、耳のことはもう病気と思わず、ちょっとした弱点くらいに考えて、でも諦めずあせらず治療していこうと思います!
[PR]
by breadnote | 2009-09-15 15:54 | おかし
<< ふんわりもっちり、豆乳シフォン ふんわり、もっちり!豆乳仕込み... >>