玉ねぎのクリームスープ

f0104355_13205718.jpg


赤毛のアンの手作り絵本(2)を参考に、玉ねぎのクリームスープ(とろみをつけたのでシチューみたいです。)を作ってみました。焦がさないようにじっくりと炒めた玉ねぎが、とっても甘くてこのスープのおいしさのポイントになっていますね。仕上げにパセリのみじん切りを散らすところを、クランチにしたアーモンドとタイム一枝にアレンジ。とろみをつけてしまった分、もう少しコクと食感がほしかったので。

アンの手作り絵本Ⅰからも、何点か作りましたが、古い本なのにそのレシピがかえって新鮮に思えるのが不思議。Ⅱの中にも、気になるレシピがいくつかあって、カッテージチーズ・ティー・ブレッド(カッテージチーズと、プラム、くるみなどがたっぷり入ったカナダ風ティーブレッド)にオレンジバターを塗っていただくというものも、すごく気になるし、チェスボードサンド(白パンと黒パンを順に並べて、どこをカットしてもチェスボードのような白黒模様が出るサンドイッチ)も、サンドイッチだけでなくケーキにも応用したら、きっとカットするたびに歓声が上がるようなケーキになりそうです♪

今週一週間、例の新型インフルエンザの感染予防のために、幼稚園も小学校も1週間休みになり、子供たちと一緒におうちにこもってすごしています。こういうことは、本来困った事態なのだろうけれど、子供たちも私もちょっと冬ごもり的なワクワク感を感じながらすごしています。実は昨日ゆりあがちょっと発熱する事件があって、びっくりして発熱相談センターに電話したり、もうドキドキです。すぐに治ったので良かったですけどね。もう!タイミングが悪いったら。。。
窓から外の公園をのぞいて見ても人っ子一人いないし、隠れ家にでもいるみたいで、まるでアンネ・フランクの気分です。

アンネ・フランクといえば、文章がとても上手な女の子でしたね。
上の娘が、さきほど、じーじ・ばーばに改まった感じの手紙を書いていて、何も教えないのに意外とちゃんと季節の挨拶などもかけていて関心しました。この手紙は、アンネではなく、いとこの影響なのですが。

「夏に近づいてきましたね。春の花もちり、夏の花が咲きます。ひまわり、あさがおなどのお花が咲くと、にぎやかになりそうです。それから、ゴールデンウィークはお世話になりました。たけのこ堀りや、お庭でお食事をしましたね。今年の春の良い思い出ができました。夏休みもお世話になります。」

お礼の手紙というよりも、すでに夏への期待がいっぱいの手紙で笑えます。
[PR]
by breadnote | 2009-05-18 13:57 | おりょうり
<< ビターキャラメルクリーム さくらんぼとレモンとタイムのシロップ >>