もちもちプルマンブレッド(イーストバージョン)

f0104355_2041691.jpg


タピオカスターチを配合したもちもちのプルマンにはまって、何度か続けて焼いています。朝にもお昼にも食べているけど、まだ飽きませんが、今日はホシノ丹沢天然酵母を使わずに、イーストで焼いてみました。ちょっとしたアレンジだけど、こちらの方が子供たちにより好評です。^-^

配合だけじゃなくて、焼き方も少し変えて、イーストでは短時間で色白に仕上げてみました。ホシノを使ったパンはしっかり目に焼いた方がクラストがとても香ばしくて私は好きなのですが、そうするとパンの耳が子供たちにはちょっと食べづらいみたい。その点、イーストだと焼き色薄めでもおいしいので(もちろんこんがりしっかり焼いたのもおいしい!)、薄めのクラストが子供たちには食べやすいというわけです。パンの耳っておいしいのにねー。

そんなわけで、ちょっとの違いだけど、イーストバージョンのレシピもどうぞ♪
イーストは少なめで、比較的ゆっくりと発酵させるタイプです。粉が熟成しておいしくなる上に、もっちり感もアップ。それに、生地を発酵させてる間に、幼稚園の送り迎えや、お買い物に行ったりもできちゃうので、かえってパン焼きに縛られる時間が短いのも便利です♪

ところで、一眼レフのカメラのダイヤルが利かなくなりました(まだ1年も経っていないのに!)。修理に出さなくっちゃ~。しばらくはデジカメです。久しぶりに使ってみると、上手く撮るのが難しい。。。カメラでも何でも下手なほど良い道具が必要なのですね、きっと。。。^-^;トホホ





もちもちプルマンイーストバージョン(1.5斤)

最強力粉(ゴールデンヨット) 300g
タピオカスターチ 50g
砂糖 30g
塩 5g
インスタントドライイースト 2g(時間の都合でもう少し増やしても良い)
牛乳 100g
水 約125g(少し柔らかめになるように調節)
無塩バター 35g

①HBにすべての材料を入れて、生地作り。最初はべたべた気味で、捏ね終わりにプリッとまとまる感じ。2~3倍まで発酵させる。
②3分割して丸める。ベンチタイム(生地がゆるむまで)。成形。オイルをスプレーした(薄くショートニングを塗った)型に入れて、8割りまで発酵させる。
③190度に余熱したオーブンに入れて、180度に設定しなおして30~35分焼く。焼けたらすぐに型から取り出して冷ます。
[PR]
by breadnote | 2009-05-11 21:05 | ぱん
<< 初めてのお弁当 タピオカスターチで、もちもちプルマン >>