タピオカスターチで、もちもちプルマン

f0104355_1384916.jpg


昨日の夜、久しぶりにプルマンを焼きました♪
コンセルボというパン屋さんの「もちも食パン」がわりと好きで、時々買うのですが、焼きあがり2時間以内だとカットしてもらえないし、あんまり遅く行くと売り切れていたりするので、わざわざ行くのがなんだか面倒になっちゃってお家で焼くことにしたというわけです。
「もちも」にそっくりな味かどうかはともかく、タピオカスターチを配合してもちもちっとした食感にはなりましたよー。カルピスバターもたっぷり入れて、良い香りの焼き上がりに、「もちも」よりおいしいかも~。。。と自画自賛です。^-^;


さて、連休明けそうそう雨の神戸。今朝は長靴を履いて、幼稚園までのんびり歩いていきました。途中にある水溜りにはすべて入り、歩道を横断するミミズを見つけては観察し、傘に当たる雨の音を耳をすまして聞いてみたり。。。幼稚園児にはなんでも遊びになるんですね。娘のおかげで、私も一緒に雨を楽しむことができました♪

もともと、雨の日は嫌いじゃないのですが、それは家にいるときに限って(特に夜お布団の中で聞く雨とかはとても好き)であって、やっぱり雨の日の外出はちょっと面倒。でもね、今日は娘に、傘に当たる小雨の音が「くすくす」笑ってる音だと教えられて、雨の日のおでかけもこれからはもっと楽しくなりそうな気がしました。雨がくすくす。。。ですって。ふふふ。^-^

それから、幼稚園でもまた、楽しいことがあったんです。GWにたーくさん食べたさくらんぼの種を、りすさんへのお土産に持って行ったんですよ。りすさんは、それはもう大喜びでしたよ。時々持っていくフルーツ(りんごやオレンジ)の時とはぜんぜん違うあわてっぷり。その場では食べきれない分も全部頬袋に入れて小屋の中に運んでいましたから、これでしばらくはホクホクのりすさんですね。

食べきれないさくらんぼ。。。といえば、私も、兄の家で収穫して食べきれなかった分を、お土産にもらって帰って、砂糖漬けにしてみました。梅ジュースと同じで、同量のお砂糖に漬け込むだけですが、少しずつ溶けていくお砂糖を見るのがとても楽しいのです。梅ジュースのように氷砂糖を使うと、氷砂糖が溶けるよりも先にさくらんぼが腐ってしまうで、グラニュー糖や上白糖を使うほうが良いらしいです。



もちもちプルマン(1.5斤)

最強力粉(ゴールデンヨット) 300g
タピオカスターチ 50g
砂糖 30g
塩 5g
ドライイースト 1g(生種が古いので念のため。^-^;)
ホシノ丹沢生種 30g
牛乳 100g
水 約100g(生地が少しやわらかめになるよう調整)
無塩バター 35g

①すべての材料をHBに入れ生地作り。捏ね終ったら丸めて、ボウルに移し変えて、3倍近くまで発酵。
②2~3分割にし、丸める。20分ベンチタイム後、成形。薄く油をスプレーした型に入れて、8割まで発酵。
③190度に余熱したオーブンに入れて、5分。180度に下げて30分焼く。
[PR]
by breadnote | 2009-05-07 13:53 | ぱん
<< もちもちプルマンブレッド(イー... ライ麦フレークとレーズンとブラ... >>