ライ麦フレークとレーズンとブラウンシュガーのパン

f0104355_10211164.jpg


ブラウンシュガー風味のリッチな生地に、たっぷりのライ麦フレークとラムレーズンが入っています。好きなものばかり♪ボリュームがあって、ひとつ食べたら満足!
ずいぶん長いこと冷蔵庫に眠っていたホシノ丹沢だけではちょっと不安だったので、イーストも少し足して膨らませました。結構早くふんわり発酵したので、まだまだホシノ健在だったのかな?

生地作りはホームベーカリーにお任せで、あとは丸めて最終発酵させたら、こんがりと焼いて出来上がり♪HBのパン作りはやっぱり手軽ですね。

今回は、牛乳でライ麦フレークを軽く煮てからそのまままるごと水分として使ってみました。水分の調節がどうかなっと思ったけれど、意外とすんなりとまとまって、ホッ。。。
でも、もうすこしライ麦の噛み応えが残ってもよかったみたい。やっぱり煮ないで、温めたミルクに浸すだけでよかったかな。

明日から5連休、やっほー♪子供たちも私も浮かれています。どんな風にすごそうかな。。。ワクワク
皆さんも、楽しい連休をお過ごしくださいね。



ライ麦フレークとレーズンとブラウンシュガーのパン(8~10個分)

ライ麦フレーク 50g
牛乳 210g
最強力粉 230g
ブラウンシュガー 25g
塩 5g
無塩バター 30g
生種 25g
ドライイースト 1g
ラムレーズン 好きなだけ

①ライ麦フレークと牛乳を鍋に入れて火にかけ、沸騰直前まで温める。(レンジで温めた牛乳にライ麦を浸すだけでもいいと思います。)冷めたら、レーズン以外の材料とともにHBに入れてこねる。(様子を見て水分調節します。)ほぼ捏ね上がったらレーズンも加える。2~3倍になるまで発酵。
②分割し、丸め、オーブンシートを敷いた天板に並べ、約1時間最終発酵。(オーブンの発酵機能を使って。)
③190度に余熱したオーブンで、15分焼く。こんがりとおいしそうな焼き色がついたら出来上がり。
[PR]
by breadnote | 2009-05-01 11:17 | ぱん
<< タピオカスターチで、もちもちプルマン ガトー・ア・ラ・ネージュ >>