はじめまして。

f0104355_16234096.jpg


去年、福岡から神戸へ引っ越しました。
楽しかった福岡を離れるさみしさと、不安も少しあったけれど、すぐに子供たちにも私にも友達ができて、どうやら私たちの神戸ライフ順調にスタートしたみたいです♪
遅ればせながら、ブログもFC2から引っ越すことに決めました。
神戸でのくらしを、おいしいレシピとともに綴っていこうと思います。

好きな言葉。。。人生は宝探し。

ここ神戸でも、たくさんの宝物が見つかりますように!



レモンとバニラの香るシフォンケーキ。
100円ショップの型のために考えたレシピに、レモンの皮の摩り下ろし1個分と、バニラビーンズ1/4本分を加えて作りました。

このプレーンのレシピから少しだけ展開して、砂糖をきび砂糖に置き換えたり、きざみチョコレートを加えたり、お湯を牛乳に置き換えたりして、アレンジを楽しんでいます。


100円ショップのシフォン型のためのプレーンシフォン(直径約12cmのシフォン型4台分)

卵黄 M4個分
砂糖 30g
サラダ油 30g
熱湯 70g
薄力粉 100g
B.P. 3g
卵白 M5個分(冷やしておく)
塩 ひとつまみ
砂糖 60g

①卵黄と砂糖30gを大きめのボウルにいれて泡だて器ですり混ぜ、熱湯とサラダ油をあわせたものを加え混ぜる。あわせてふるった粉類も加え、粉っぽさが無くなるまで混ぜる。

②別のボウルに冷たい卵白を入れて、塩と砂糖60gを加え、ハンドミキサーの強で一気に泡立てる。もこもことしてきてもさらに泡立て続け、硬いつややかなメレンゲを作る。最後は弱にしてキメを整える。

③メレンゲを①のボウルに3回に分けて加える。1回目は泡だて器で、2回目以降はゴムベラに持ち替えて丁寧に混ぜる。白いメレンゲの筋が完全になくなるまで、ボウルを少しずつ回しながら、生地をすくっては折りたたむようにして混ぜる。

④型の8分目くらいまで(ちょっと少ないくらいが冷ましやすいけれど、多いほうがふんわりとおいしく出来ます。)生地を流し、ここでおまじない「おいしくなーれ。」。180度に余熱したオーブンに入れて、約25分焼成。ふんわりと膨らんだ生地がすこ~し焼き縮むくらいまで。上に焼き色がしっかりついたら、上火の温度を下げて調節。

⑤型を逆さまにして冷ます。


=上手に焼けるおまじない=

1.軽い生地は空洞ができやすいかもしれません。メレンゲをきちんと混ぜ込んで、生地を型に流したら、型と底がずれないようにしっかりと押さえながら、空気を抜くようにとんとんと軽く打ちつけ、さらに竹串で2周くらい混ぜるといいですよ。

2.型に流した後、ティースプーンなどで淵のほうを高く(淵に生地を塗りつけるように)しておくと、ガイドラインになってふんわり膨らみやすくなります。

3.柑橘系のフレーバーにする場合、ジュースを加えると生地がやわらかく焼きあがる傾向があるみたいなので、皮の摩り下ろしだけにしたほうが安心。
[PR]
by breadnote | 2009-04-09 16:51 | おかし
<< スープで朝ごはん